来年の政府R&D予算 基礎研究・革新成長に重点=韓国



 韓国政府の2019年度(1~12月)の研究開発(R&D)予算は、研究者中心の基礎研究の拡大、革新成長の加速、第4次産業革命への対応、災害対策・安全の強化に集中的に投じられる。国家科学技術諮問会議(議長・大統領)が29日、「19年度の政府研究開発事業の予算配分・調整(案)」を審議、承認した。

 来年度のR&D事業の総投資額は15兆8000億ウォン(約1兆5600億円)で、このうち研究者中心の基礎研究には前年度より17.6%多い1兆6800億ウォンが充てられる。革新成長を導く分野に27.2%増の8500億ウォン、第4次産業革命の対応に13.4%増の1兆7000億ウォン、災害対策・安全分野に16.7%増の1兆500億ウォンが、それぞれ振り向けられる。

 審議会議を主宰した廉罕雄(ヨム・ハンウン)副議長は、この予算配分を文在寅(ムン・ジェイン)政権の国政哲学を忠実に反映したものとしながら、「審議した政策が革新成長の成果として早期に目に見える形となり、さらには国民の幸福の実現にも貢献するよう、関係官庁で実質的な履行に重点を置き取り組んでほしい」と呼び掛けた。

 科学技術諮問会議の審議会議は、関連法により科学技術分野の最高審議機関に位置付けられている。科学技術諮問会議の議長と副議長、関係5閣僚、民間の専門家など、18人で構成される。

 また、文在寅政権の基礎研究振興の基本方向を示す第4次基礎研究振興総合計画(2018~22年度)も確定した。

 総合計画は5カ年の推進目標として、世界的水準の研究成果の創出、次世代R&D人材の養成、未来社会に備えた種の発掘を掲げた。これらを達成するために、▼研究者中心の基礎研究の革新▼基礎研究の支援体系の構築▼自律的で責任をもって研究に打ち込める環境づくり▼国民が実感できるような基礎研究環境の整備――を4大戦略に定めた。

【聯合ニュース日本語版】
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2018/06/29/0900000000AJP20180629001500882.HTML


研究開発予算と聞こえはいいですが、真相はどんな感じ
なのでしょうね。大企業への支援金?納税に対するキック
バック?本当に研究や開発をするとは思えませんからね。
アノ国の企業を見ていると。人材確保の資金援助かも?
何にせよ、日本は警戒を怠らない事ですね。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク