韓国コンビニおにぎり 大ヒットの秘密



 韓国のコンビニの歴史が今年で30年になり回顧談がにぎやかだ。韓国でも日常生活に欠かせない存在になっているが、ご多分にもれず乱立で競争が激しい。筆者が住む学生街はコンビニ激戦区で、自宅周辺100メートル以内に一時は7店あったのが今も5店ある。

 ほとんどが学生アルバイトだが、文在寅(ムン・ジェイン)政権の革新政策で最低賃金が大幅アップしたため店のオーナーたちが「これじゃ自分がアルバイトをしたいくらいだ」と反発するなど、このところ賃金問題で騒がしい。

 韓国コンビニ史で忘れられないのは、今や一番の売れ筋になっているおにぎりの物語。おにぎりを韓国では「チュモク・パプ」というが、これは文字通りご飯を丸めたいわば貧しい非常食であって、商品になるものではまったくなかった。

 そこで韓国のコンビニは日本風ののりで包んだおにぎりを「三角キムパプ」と名付けて売り出すことで成功した。「キムパプ(のり巻き)」は韓国人にとってもっともなじみの食品だったからだ。このネーミング開発を担当したのが日本のセブンイレブン関係者。表向き誰もいわないが、かくのごとく韓国の流通業界は日本の影響で発展した。

 で、筆者の好みはツナマヨ入り。ただどういうわけか肝心のマヨネーズが時々ご飯からはみ出している。仏を作って魂を入れず? (黒田勝弘)

【産経ニュース】http://www.sankei.com/column/news/180721/clm1807210004-n1.html


のり巻き、おにぎり、食べるのも売るのも良いけれど、
起源主張するからなぁ、アノ国の人達は。のり巻きと海苔が
韓国から日本に伝わったとやりますからね、彼ら。
それにしても、商品名まで日本人に頼っていたとは呆れた。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク