自民党・二階幹事長、国会議員40人とソウルで研修会



 日本の自民党の二階俊博幹事長=写真=が、自身が率いる二階派の夏季研修会をソウルで行うために31日に訪韓する。二階幹事長は同派に所属する国会議員約40人や地方議会議員ら計約300人を率いてソウル行きの飛行機に乗る。自民党の各派閥は通常、地方での夏季研修会で団結集会を開くが、中朝首脳会談・南北首脳会談・米朝首脳会談が相次いで開かれるや、二階派は先月、研修地をソウルに決めた。日本の与党の主要派閥が外国で研修会を行うのは初めてだ。

 二階幹事長は30日、「北朝鮮問題が注目を集めている状況で、韓国で研修を行うことには大きな意味がある。韓国の政治・経済・社会分野の指導者たちと交流し、両国関係をより緊密にする計画だ」と明らかにした。二階派一行は韓日議員連盟会長を務めた文喜相(ムン・ヒサン)国会議長、李洛淵(イ・ナギョン)首相らと会い、北朝鮮関連動向について聞き、韓日協力案を話し合う予定だ。さらに、板門店も訪問する。二階幹事長は韓国与党・共に民主党関係者と会い、今年10月に「金大中・小渕宣言」(韓日共同宣言)20周年を契機とする文在寅(ムン・ジェイン)大統領訪日案などについても話し合うことが分かった。

 二階幹事長は日本の政界を代表する知韓派で、韓日関係に黄信号がともるたびに水面下で仲裁役をしたり、最悪の状況になることを防いだりしてきた。日本の全国旅行業協会(ANTA)会長も務めており、昨年は安倍晋三首相の特使として観光業界関係者360人を率いて訪韓している。韓日間の経済協力に貢献した功労で2015年には韓国中小企業中央会から感謝状を贈られた。

 二階幹事長は金大中・小渕宣言当時に大統領府公報首席秘書官だった民主平和党の朴智元(パク・チウォン)議員と非常に親しい。アシアナ航空が日本路線を増設する際には日本の内閣で運輸業務を総括しており、朴三求(パク・サムグ)錦湖アシアナグループ会長とも緊密な親交がある。

 二階幹事長は最近、安倍内閣の「守護神役」を務めている。安倍首相がさまざまな特別措置問題や文書操作問題で揺れるたびに安倍首相支持の見解を表明してきた。安倍首相が党則を変え、9月の自民党総裁で3選に挑むことにも積極的だ。中央大学を卒業後、国会議員秘書として政界入りし、和歌山県議会議員を経て1983年に衆議院議員に初当選して以来、12回連続で国会議員を務めている。

東京=李河遠(イ・ハウォン)特派員

【朝鮮日報日本語版】
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/31/2018073100578.html


こういう人が当選しないような選挙システムの確立が必須。
投票率が上がらない原因の一つだと思います。
他にも絶対に日本に存在してはならないような議員が多過ぎ。
地方議員ならともかく、国政を担う人は全国投票にすべき。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク