釜山市 観光マーケティング強化=アジア旅行先1位受け



 韓国南部の釜山市は世界有数の旅行ガイドブック「ロンリープラネット」と提携し、世界に向けた観光マーケティングに乗り出す。

 釜山は同社が7月に発表した「アジアの旅行先ベスト10」で、1位に選ばれている。これを受け、同市は今月19日、同結果を世界にPRするため、ロンリープラネットのサイトでオンラインマーケティングを推進し、米国で発売されるロンリープラネットの釜山特別版を制作し、プロモーションを行うと発表した。

 来年にもメディア向けのファムツアーとロンリープラネットの創業者、トニー・ウィーラー氏を招いてのイベントを行うなど、観光マーケティングを強化する。

 釜山市関係者は「世界的メディアを活用して、釜山の文化、食べ物、祭りなどをPRし、より多くの外国人が訪問する観光都市にする」と意気込む。

【聯合ニュース】
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2018/08/19/0800000000AJP20180819000200882.HTML


どこで調査したランキングか知りませんが、ない。
ないでしょう?釜山が日本や中国、他の国の都市を抑えて
一位なんて。どうせ行かないのでどうでも良いですが。
そして「祭り」、そんなもの無かったでしょう。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク