日本の教員、上海無差別テロ犯の祠を参拝か 憲法で「思想の自由」保障とはいえ…



 日本国憲法は「思想・良心の自由」「学問の自由」を保障している。だからといって、国立大学の教員が学生を引き連れて、無差別テロの犯人を祀った祠(ほこら)を見学ではなく、「参拝」したとすれば、いかがなものか。

 尹奉吉(ユン・ボンギル)とは、1932(昭和7)年の上海爆弾テロ事件の実行犯だ。彼は、上海の日本人街・虹口公園で開催された天長節(天皇誕生日)の祝賀行事で、式台に爆弾を投げた。日本人2人が死亡し、5人が重傷を負った。軍人ばかりでなく外交官、民間人も犠牲になった。まさしく無差別テロだ。

 彼は金沢の刑務所で死刑になったが、生家が残る韓国忠清南道礼山(イェサン)郡には「忠義祠」がある。韓国の左翼メディア「オーマイニュース」(韓国語サイト、2018年9月5日)が伝えたところ、四国にある国立大学教授が学生10人とともに、そこに参拝・記帳したという。

 オーマイニュースは「歴史的にも縁が深い地方」と書いている。縁とは、爆弾テロで死亡した陸軍大将、白川義則(上海派遣軍司令官)が愛媛県生まれというのだから、噴飯ものだ。

 埼玉県にある私立高校の教員と生徒26人も、今年の光復節(8月15日)、ソウルの日本大使館前で行われた「慰安婦デモ」に参加したと報じられた。

 仁川(インチョン)日報(韓国語サイト、18年8月16日)によると、生徒は「デモへの参加は新しい機会だった」「もっとアジアの平和のために勉強する必要がある」「今後も学生間のこのような出会いで現場を経験することが何より重要であると思う」などと感想を語ったという。

 この学校はユニーク過ぎることで有名だが、報道通りなら、引率した教員の行為は“まとも”だろうか。

「ユニーク過ぎて有名? なんて言う学校かは知りませんが、こんな教師を置いてる
ようではどうせロクな学校ではないのでしょう。」



 尹奉吉より、はるかに著名なテロリストである安重根(アン・ジュングン)の追悼会が9月10日、東京の韓国料理店で開かれたという。これを伝えた朝鮮日報(18年9月12日)によると、韓国人だけでなく日本人も出席した。マイクを握った日本人が十数人いた。

 その中にも教授や教員がいて「安重根義士の志を知り、日本と韓国の若者たちが頻繁に交流すれば、両国は互いに理解し合える」(高校教員)、「若い世代が安重根義士の平和思想を共有することが重要だ」(中学教員)などと語ったという。

 彼らは、授業でどんなことを話しているのだろう。

 朝日新聞の元ソウル支局長も出席していたと報じられた。彼は「安重根義士は100年前に国連の思想を提示しており、21世紀の今でも尊敬している。北東アジアの情勢が変化する中、安重根義士のことを学ばなければならない」と述べたという。

 ぜひ、「赤報隊事件」についての感想も語ってもらいたい。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。著書・共著に『悪韓論』(新潮新書)、『崩韓論』(飛鳥新社)、『韓国リスク』(産経新聞出版)など多数。

【zakzak】http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180927/soc1809270008-n1.html


たぶん元は日本人ではないのでしょう。
でないと説明がつきません。どうであれ、こんな教師に
日本の子供を教える機会を与えるべきではないですね。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク