韓国海軍「海上自衛隊の観艦式不参加は遺憾…両国の友好増進は持続」



 旭日旗の掲揚をめぐり韓国と葛藤が生じていた日本が10日の「2018大韓民国海軍国際観艦式」に海上自衛隊艦艇を派遣しないことを決めた中、韓国海軍は遺憾の立場を表しながらも両国間の関係に影響があってはならないと強調した。

 韓国海軍は5日、資料「2018大韓民国海軍国際観艦式への日海上自衛隊艦艇参加に関連する海軍の立場」で「日本側から『韓国海軍が通知した原則(マストに自国旗と太極旗掲揚)を尊重するが、自国法令に基づき海上自衛隊旗も共に掲揚するしかない』と説明した」と明らかにした。

 続いて「日本海上自衛隊は自国の法令と国際慣例に基づいたこうした立場が受け入れられなければ、今回の観艦式には日本艦艇は参加できないという立場を明らかにした」と伝えた。

 ある海軍関係者は「海軍は世界海軍間の平和と和合のための今回の国際観艦式に日本海上自衛隊艦艇が参加できなくなったことについて遺憾に思う」とし「両国海軍間の軍事交流と友好増進は持続させていく」と述べた。

【中央日報日本語版】https://japanese.joins.com/article/831/245831.html


自らが招待した、言わば御客人の名誉や誇りを傷つけるような
要求を突きつけた側の言う言葉ではありませんね。
もうどうにもなりませんよ、日本人もアノ国の事を良く知る
ようになりました。もう許さないでしょう。やり過ぎました。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク