日韓パートナーシップ宣言から20年 根本的な関係復元は遠く



 【ソウル=名村隆寛】1998年に小渕恵三元首相と金大中(キム・デジュン)元大統領(いずれも当時)が発表した「日韓パートナーシップ宣言」から8日で20周年を迎える。当時の日韓関係の復元が模索される一方、韓国側での慰安婦問題の蒸し返しなどで、根本的な関係改善はほど遠い状況にある。

 日韓は韓国の金大中政権後の盧武鉉(ノ・ムヒョン)、李明博(イ・ミョンバク)政権までは、シャトル外交で首脳が訪問し合う関係だった。その後、李明博政権末期の2012年8月に慰安婦問題への日本側の対応に不満を持った李大統領が竹島(島根県隠岐の島町)を訪問し関係は急激に悪化。続く朴槿恵(パク・クネ)政権では、慰安婦問題をめぐり最悪の関係となり、朴大統領は就任中、一度も訪日しなかった。

 昨年5月発足した文在寅(ムン・ジェイン)政権は金大中政権の流れをくみ、日韓宣言当時の対日関係を理想としている。しかし、朴政権で日韓が合意した慰安婦問題の解決を認めず、合意に基づき韓国が設立した元慰安婦のための財団の解散を示唆。日本政府が財団に拠出した10億円を韓国政府が肩代わりすることも一方的に決めた。

 安倍晋三首相は2月に平昌五輪の開会式出席のため訪韓した。文大統領は5月の日中韓首脳会談で、就任後初めて訪日した。先月ニューヨークで行われた国連総会をはじめ、両首脳は国際舞台で何度も会談を重ねた。第三国での「告げ口外交」に加え、安倍首相を避け続けた朴政権当時に比べれば、日韓関係は表向き改善に向かっている。

 今月1日、ソウルでは日韓宣言20年の記念式典が開催された。「日韓が北東アジアの新展開の軸になるよう期待」(額賀福志郎日韓議員連盟会長)、「金大中・小渕両首脳の決断が最良の関係を作った」(李洛淵=イ・ナギョン=首相)と双方が関係の重要性を確認した。

 ただ、関係改善ムードの一方で、20周年記念日の文氏の訪日はなくなった。日本側は「いつでも歓迎する」(日本政府関係者)との姿勢だが、韓国側は「文大統領の日程の都合がつかない」(韓国政府関係者)という状態だ。

 そんな中、韓国南部の済州島(チェジュド)で10日から開かれる国際観艦式で、海上自衛隊の艦旗「旭日旗」が掲揚されることに対し韓国内で反発が起き、韓国政府は「国民感情への配慮」を理由に、日本に掲揚自粛を求めた。結局、海自は観艦式への護衛艦派遣見送りを決めた。

 韓国海軍は日本側の対応に「遺憾」を表明したが、韓国側からは、日本の反発と予想以上にさっぱりと派遣中止を決めた態度に、当惑やバツの悪さがうかがえる。

 韓国側は日韓宣言20年を節目に未来志向の関係発展を志向しているが、今年も残り3カ月を切った。来年、日本からの独立運動「3・1運動」から百年の節目を迎える韓国は、北朝鮮との共同行事も計画している。来年は日韓友好どころではなくなる可能性もある。

 文氏の5月の訪日は日中韓首脳会談への出席で日帰りだった。単独での訪日と首脳会談が、年内に実現するかが今後の日韓関係を微妙に左右しそうだ。

【産経ニュース】http://www.sankei.com/world/news/181006/wor1810060013-n1.html


日本人の安全を守るという観点から、アノ国との関係を
考え現在の対応を修正してもらいたい。基本的に関係は
不要です。関係の継続は一方的な援助のようなもの。
日本にとってメリットが全く無いどころか損しかしない。
自ら敵に力を付けてやり、苦労する馬鹿政策は廃止すべき。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク