結核患者がOECD加盟国1位の大韓民国



 結核はかつて韓国で「天災病」と呼ばれた時期があった。19世紀から20世紀前半にかけ、韓国では著名な芸術家が次々と血を吐きながら倒れた。海外でも作曲家のショパンやパガニーニ、詩人のキーツにジェイムズ・シャーリー、作家のカフカ、チェーホフ、ドストエフスキーなどもそうだった。韓国では小説家の金裕貞(キム・ユジョン)や李箱(イ・サン)などがいずれも20代の若さで結核で亡くなった。

 ある知り合いが研修のため米国に行くことになり、到着した翌日に娘を現地の高校に入学させるため必要な書類を持参した。ところが学校の看護師が健康診断関連の書類を確認した際に問題が生じた。韓国の病院で受けた結核健診で陰性の結果が出たにもかかわらず、米国で改めて確認しなければ入学できないというのだ。本当にそんな必要があるのか問い詰めたところ「韓国は結核の高リスク国だから」と言いながらパソコンのモニターを見せられた。世界保健機関(WHO)による結核分布の世界地図だった。それによると韓国はアフリカ、中国、ロシア、インドなどと同じく濃い赤になっていた。韓国は世界でも結核対策が遅れた国だったのだ。

 1950-60年代まで結核は韓国でも一種の「国民病」だった。ある研究機関は「6・25戦争(朝鮮戦争)直後の1954年には1日300人が結核で死亡した」との試算結果を公表している。その後、栄養状態が改善し、BCG接種が普及したにもかかわらず、韓国では今なお結核による死者が年間2000人以上で、また3万人が新たに結核に感染している。2016年の時点で人口10万人当たりの結核患者数は77人、死亡率は5.2人で、これは経済協力開発機構(OECD)加盟国ではいずれも最悪の数値だ。1996年にOECDに加盟してから20年以上にわたり韓国は結核の患者数も死亡者数も不動の1位だ。その理由は何か。

 ソウル大学統一医学センターのシン・ヒヨン医師は「北核がおよそ11万人」と語る。これは北朝鮮の核兵器ではなく北朝鮮の結核患者数のことだ。同じ人口に換算すると、北朝鮮では韓国の6倍の患者数がいる計算になるが、これは世界でも最悪のレベルだ。2000年代に入って韓国国内でも結核患者数が再び増加し始めたが、これは北朝鮮との往来が増えたためという見方もある。ある医師は「これまで10万人以上が訪朝したが、その後彼らが結核健診を受けたという話は聞いていない」と指摘する。

 別のある医師から聞いた話だが、ソウル市瑞草区のある企業では、ここ5年半の間に結核患者が190人も出たという。1人の患者がくしゃみやせき、あるいは話をするときに出る飛沫(ひまつ)の中の細菌によって感染したのだろう。中東呼吸器症候群(MERS)が流行した時は誰もがマスクを着用した。しかしどこの病院でも呼吸器疾患の患者に医師はマスクの着用を促すが、ほとんどが着用しないという。他人が自分に感染させるのはいやだが、自分が他人に感染させることには無頓着だ。このままだと韓国はいつになったら結核後進国から抜け出せるのだろうか。

朴恩鎬(パク・ウンホ)論説委員

【朝鮮日報日本語版】
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/18/2018101800606.html


アノ国は借り物の服を着て先進国顔していますが、中身は
前世紀、前々世紀とあまり変わっていない気がする。
本来自分で学びながら発展していく過程を日本がワープ
させたのが原因なのではと思います。理由はどうあれ、
日本もアノ国からの渡航者は厳しく監視してもらいたい。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク