韓国で「人肉カプセル」が300錠摘発される 過去には犬肉カプセルや眼球カプセルまで?



韓国で違法密輸された「人肉カプセル」300錠が摘発された。 「人肉カプセル」とは俗語や何かに例えた物ではなく、そのままの通り人肉により作られたカプセル。死産した胎児や胎盤を粉末状にした錠剤で、滋養強壮剤とて使われる。

10月5日関税庁の発表によると、2015年は1251錠(3件)、2016年は476錠(1件)、2017年は724錠(4件)、2018年は8月までに300錠が摘発された。ちなみに摘発件数は1件で、全てが中国から持ち込まれたもの。

自由韓国党の朴議員は「人肉カプセルはその存在そのものだけでも非人道的で、健康にも何かしら影響が出る」とし「関税庁は携帯品の検査を更に強化して防いでほしい」と述べた。

過去には「犬肉カプセル(写真左)」や「眼球カプセル(写真奥)」まで摘発されたことがある。摘発されたのはほんの一部で、輸入されてしまったものも当然ある。


韓国のネットユーザーは次の様な反応を見せている
「あれを食べたいか? 本物なの?」
「人を食べるのかよ野蛮すぎ」
「体に良いなら人まで喰うの?」
「中国で行方不明者になった人じゃないの?」
「そんなに食べたいなら自分の足でも食ってろ」
「人肉カプセルは業者が金になるから密輸してるだけ。これを食べれば副作用やウィルスに感染する」
「人食い人種の中国」
という意見が書かれている。

【ゴゴ通信】http://gogotsu.com/archives/44134


気持ち悪い。これこそが彼らネチズンの常套句、
「未開」と言うやつでしょう。こんな国の奴らが日本人に
対して「猿」だ「野蛮」だと蔑むのだから・・・ それでも、
アノ国の中だけでやるなら問題なし。中韓仲良く。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク