BLACKPINKの動画4億回再生…紅白“当落”の台風の目となるか



 韓国の人気グループ「BLACKPINK」のデビュー曲「BOOMBAYAH(ブンバヤ)」のミュージックビデオ(MV)が、動画投稿サイト「ユーチューブ」で10月23日に4億回再生を突破した。デビュー曲での突破は韓国アーティストで初。実は5作目と6作目がすでに4億回再生を達成しており、3作の4億回突破は、BTS(防弾少年団)の2回を上回りK―POPグループで最多となる。

 BLACKPINKは、2016年に韓国大手芸能事務所のYGエンターテインメントからデビュー。ジス(23)、ジェニー(22)、ロゼ(21)、リサ(21)の4人組。日本デビューは17年で、その年に武道館でライブを行った。今夏も全国3カ所6公演のアリーナツアーを開催。チケットは即日完売し、人気の高さを見せつけた。

 日韓芸能ジャーナリストの吉岡斗志氏が言う。

「BLACKPINKはBIGBANGの妹分的存在の女性グループです。アイドルの王道ではなくブラックミュージックやR&Bで推しており、アメリカや南米ではTWICEより人気があります。日本や韓国でもTWICEに次ぐ人気です。第2次韓流ブームの少女時代とKARAの関係を彷彿させます。AKB48や乃木坂46では考えられないことですが、中高生の女性ファンが多いのが特徴です。カリスマ性を出し、グループの価値を高めるためにファッション誌には出ますが、アイドル誌には出ません。ファンの前ではニコニコしたり、手を振ったりすることはありませんが、話してみると愛嬌たっぷりのようです」

 12月5日には初のフルアルバムを発売し、12月24日には海外ガールズグループとして初となる京セラドーム公演が行われるなど勢いが止まらない。

 間もなく発表される紅白へ“まさかの初出場”も一部でささやかれている。

順当に行けば韓国枠は東方神起とTWICEで決まりです。しかし、11年のように東方神起、少女時代、KARAの3組が出場した例もあります。9月にNHKの音楽番組にも出演し、今年の活躍を考えれば出場の可能性は十分にあると思います。また、所属先のエイベックスは“紅白枠”が例年2つ以上あるのですが、今年は浜崎あゆみ、DA PUMPやEXILE、GENERATIONSと活躍した歌手やグループが多く、枠にとらわれない可能性があります。男女のバランスを考えてBLACKPINKにお役が回ってくるかもしれません」(吉岡斗志氏)

 新鋭の韓流スターが、今年の紅白を席巻するかもしれない。

【日刊ゲンダイDIGITAL】https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00000012-nkgendai-ent


どうしても出したければNHKは民法になるべき。
税金や、ほとんど見ないにもかかわらず、有無も言わせず
徴収される受信料。それで反日・敵国同然の国から・・・
考えられないでしょう。関係ありませんがNHKの番組は国民の
財産でしょう?視聴も使用も自由に出来るよう開放するべき。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク