河野太郎外相、元徴用工への補償は韓国の責任で



 河野太郎外相は3日、神奈川県茅ケ崎市で街頭演説し、韓国の元徴用工をめぐる訴訟で韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた確定判決に関し、1965(昭和40)年に国交を正常化した際に結んだ日韓請求権協定を基に、元徴用工への補償は韓国政府の責任で行うべきだと訴えた。

 河野氏は「(協定は)韓国政府が責任をもって韓国国民に補償や賠償をするという取り決めだ。日本政府は一人一人の個人を補償するのではなく、韓国政府にその分のお金を経済協力として渡した」と述べた。

 経済協力資金についても「当時の韓国の1年間の国家予算が約3億ドルというときに、日本は5億ドルを韓国に一括で渡した。それが今日に至るまで、日韓間の約束の一番の基本になった」と強調した。

 判決については「国際法の原則からはあり得ない。日韓関係を揺るがすような大きな事件となってしまった」と重ねて批判した。

【産経ニュース】https://www.sankei.com/politics/news/181103/plt1811030008-n1.html


河野太郎大臣、追加で「北朝鮮の分も含む」を入れないと。
もう国民はアノ半島に税金が使われるのは、例え一円でも
「まっぴらごめん」です。アノ半島のために日本人の生命、
富、どれくらい失われたか・・・想像するのも恐ろしく、
鬱な気分になります。引き換えに得たものは・・・皆無です。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク