ソウルの簡易住宅施設で火災 死者7人中1人は日本人



 ソウル市鍾路区の「考試院」と呼ばれる簡易住宅施設で9日午前5時ごろ、火災が発生した、7人が死亡、11人が負傷した。死者のうち、1人は韓国内に居住していた日本人だった。

 消防当局によると、火は建物の3階から燃え広がり、午前7時ごろ完全に鎮火された。住宅施設は3階建てで、2階に24人、3階に26人が暮らしていた。住人のほとんどは日雇い労働者で、死者は54~79歳の男性だったという。

 警察当局は詳しい火災の原因を調べるため、10日午前に消防当局などと鑑識作業を行う方針だ。

【聯合ニュース日本語版】
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/11/09/0400000000AJP20181109003000882.HTML


若者ならとも思いますが、最低54歳で上は79歳。
しかも日雇い労働者・・・どんな理由があってアノ国で?

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク