ロサンゼルス市議会が「コリアンタウンの日」を制定!



ロサンゼルス市議会が12月8日を「コリアタウンの日(Koreatown Day)」に制定すると発表。

韓国人歴史博物館ミンビョンヨン館長は「コリアンタウンを選挙区に置いたロス市議会の議長が決議案を出し、議論を経て5日に採決された」と明らかにした。

アメリカには複数の大小のコリアンタウンが存在するが、地元の自治体や地方議会では韓国人タウンの日を制定したのは今回が初めて。
アメリカ内にはコリアンタウンの他に、チャイナタウン、リトルバングラデシュ、リトル東京などアジア系の街が存在するが、「コリアンタウンの日」のように制定された前例は無い。


・コリアンタウンではたびたび騒動が
コリアンタウンを巡っては地域のアメリカ人住民が反韓感情を抱いたり、またそこに住む韓国系住民が反日活動を行ったりと度々騒動になっている。

先日もロスのコリアンタウンの公立学校の壁画に旭日旗があると騒動を起こしたばかり。韓国人団体がデモ集会を行い壁画を消すように求めたが、壁画を描いたビュー・スタントン「旭日旗とは無関係、集中線を使うのが好きなだけ」と韓国人団体の抗議を突っぱねた。この騒動の詳細については過去の記事を参照してほしい。

【ゴゴ通信】http://gogotsu.com/archives/46008


よく聞きます、アノ国では他人との「境界が無い」と。
住み着いたら全部自分流にしたい。せずにはいられない。
移民したとしても、元々は外国であり、当地の文化がある。
アメリカなら他の人種、民族もいるのにおかまいなし。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク