大きく成長したアモーレパシフィック、ルイ・ヴィトンとシャネルを抜く

  アモーレパシフィックグループがグローバルビューティーブランドのルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー(LVMH)とシャネルを破り昨年のビューティー売り上げ基準世界7位に上がった。


 アモーレパシフィックグループは17日、米国のビューティー・ファッション専門メディアWWD(Women’s Wear Daily)が14日に発表した「世界100大ビューティー企業」で7位に上がったと発表した。昨年の12位より5段階上昇した。アモーレパシフィックグループは2007年にWWD順位で上位20位に進入してから10年で7位に上った。この期間にアモーレパシフィックグループの売り上げは2006年の1兆5666億ウォンから2016年には6兆6976億ウォンに、営業利益は2375億ウォンから1兆828億ウォンに増加した。

 WWDは「雪花秀」「ラネージュ」「マモンド」「イニスフリー」「エチュード」のようなブランドが中華圏と東南アジア市場で活躍しアモーレが成長したと分析した。

 1位はロレアルで10年にわたり不動の1位となった。次いでユニリーバとP&G、エスティーローダー、資生堂の順だった。ゲランやディオールなどのビューティーブランドを持つLVMHは昨年アモーレパシフィックを上回っていたが今年は9位でアモーレパシフィックに追い越された。昨年8位だったシャネルは今年11位に落ちた。


【中央日報日本語版】http://japanese.joins.com/article/184/228184.html


化粧品の売上高のランキングのようです。
「アモーレ~」は知りませんが、ヴィトンやシャネルは
良く知っています。化粧品部門だけの比較なのか?
なにかイヤらしい書き方をしますね。
自分が頑張って七位になっただけじゃダメなのか?

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク