【時論】中国「嫦娥」ショック…10年後に月着陸船を打ち上げるという韓国



--- 省略 ---

 今年は人間の月着陸50周年を迎える年だ。中国の「嫦娥4号」を筆頭にインドとイスラエルが今年中に無人月着陸船を送る計画だ。日本とインド、欧州とカナダ、日本のコンソーシアムも月に探査船を送って基地を建設するための協力体制を具体化している。遅くなったが、韓国も月探査を推進している。紆余曲折の末、第1段階で月に軌道船を打ち上げた後、2030年までに月に着陸船を送る計画だ。米国が主導する月宇宙ステーション計画にも構築段階から参加したいという意向を伝えた。政府は20年後のビジョンを反映した「宇宙探査基本計画」を新たに樹立中だ。

 しかし韓国の宇宙探査ビジョンはテスラとスペースXの創業者イーロン・マスクの火星探査計画より持続可能でなければいけない。韓国より低い技術レベルであるにもかかわらず世界の舞台で自国の宇宙探査ビジョンを堂々と話すUAEのように、韓国も長期ビジョンを持って宇宙探査に取り組まなければいけない。韓国の宇宙探査も百年大計が必要だ。

※UAEの話は省略部分にありました。

 チュ・グァンヒョク/韓国航空宇宙研究院未来融合研究部長

【中央日報日本語版】https://japanese.joins.com/article/968/248968.html


この、いちいち他国や他人を蔑むような言葉を入れるのは
なぜなのか?日本やアメリカが着せ、履かせた下駄や服が
無かったら自分達も同じかそれ以下だったのに。
こういう部分が本当に腹が立つ。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク