威嚇飛行:韓国軍「今度接近したらヘリで進路を妨害」



 日本の海上自衛隊の哨戒機による韓国艦艇への威嚇飛行に関連し、韓国軍が対応策として、艦艇に搭載されているヘリコプターの動員を検討していることが24日までに分かった。哨戒機が艦艇に接近した場合、海上作戦用ヘリコプターを出動させて哨戒機の進路を妨害するというわけだ。韓国軍合同参謀本部は同日、こうした案を含め日本の哨戒機による威嚇飛行問題について与党「共に民主党」に報告した。

 現在、韓国軍の駆逐艦と新型哨戒艦などにはヘリコプターの搭載が可能だが、基本的に対潜水艦または対艦用だ。これについて韓国軍関係者は「ヘリコプター自体が哨戒機に対抗することはできない」としながらも「艦艇周辺にヘリを飛ばしておけば、高速で動く哨戒機は艦艇への接近が不可能になる」と説明した。急な進路変更が不可能な飛行機の特性を踏まえ、進路上にヘリコプターを障害物代わりに飛ばしておくというわけだ。

 韓国軍は、警告通信の強度を引き上げることも検討している。同日の報告に出席した共に民主党のチョ・ジョンシク政策委員会議長は「警告通信で積極的に対応する。今より(警告通信を)若干強化する対応案を検討することになる」として、(日本の哨戒機が)遠くから接近してくるのを認識した場合、段階的に警告通信を強めるなどの対策を検討する考えを示した。これまでは他国の哨戒機が5マイル(8キロ)以内に接近した場合に警告通信を行っていたが、これを10マイル(約16キロ)に変更して対策を強化する方針だ。

 合同参謀本部はまた、日本の哨戒機が威嚇飛行をした場合、周囲で作戦中の韓国の哨戒機を出動させることも検討していることが分かった。合同参謀本部の関係者は「韓国軍は海上でのわが軍の艦艇に対する航空機の近接威嚇飛行について、対応マニュアルを具体化している」と説明したが、詳細な内容は作戦の保安に関わるため確認できないと述べるにとどめた。

 韓国国防部(省に相当)は同日、駆逐艦「大祚栄」が撮影した写真、対空レーダーの画面に表示された日本の哨戒機の位置(駆逐艦からの距離)と飛行高度のデータも公開した。国防部は当初、動画の公開を予定していたが「事態を大きくすれば日本の戦略にはまる」との判断から写真5枚の公開にとどめたという。

 一方、日本は韓国国防部の写真公開に対し、すぐには反応を示さなかった。前日(23日)に岩屋毅防衛相と政府高官が即座に韓国側の発表内容を否定したのとは対照的だった。日本メディアもこの問題を大きく扱うことはなかった。

 日本政府の菅義偉官房長官は同日の記者会見で「海上自衛隊の哨戒機は適切に飛行していたと防衛省から報告を受けている」と再度明らかにした。菅官房長官は、今回の件について日本の自衛隊が保有している情報を公開する予定があるかとの質問に対し「日韓の防衛当局の間でしっかりと意思疎通を図ることが重要だ」として、具体的な言及を避けた。東京の消息筋は「日本政府は今回の事態の推移を見守りながら対応レベルを決めるのだろう」と話した。

東京= 李河遠(イ・ハウォン)特派員 , ヤン・スンシク記者

【朝鮮日報日本語版】
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/24/2019012480172.html

「ニュースなのに、軍関係の事なのに、笑ってしまいます。『日本の戦略に…』www」


これを大人の、それも軍人が提案するのか?
それを聞いたメディアが丁寧に読者に説明。「というわけだ」
なんて笑わすなよ。キチガイなのは置いといて、もう完全な
敵対行動でしょう、これは。そのヘリコプターや船に入れる
油を断ってやればいい。脅威だから防衛行動を取るとして。w

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク