【動画】韓国メディア 国防省が公開した写真を徹底検証 低空飛行されたらこのように見えるはず!



1月24日に韓国が23日に日本のP-3哨戒機が威嚇飛行したとされる写真5枚を公開。当初は映像を公開するはずだったが写真のみの公開となった。

24日の17時頃に公開された写真ははっきりとせず不鮮明なものばかり。低空飛行していたのかすらあやふやである。

そこで韓国メディアのJTBCが徹底検証した映像を公開。日本哨戒機が540メートルの距離、60~70メートルの高さで飛行していたらどのように見えていたのかというものだ。

日本の哨戒機が仮に60~70メートルの高さで飛行していたとしたらビルの32階相当の高さを飛んでいたことになる。 そのビルから今度は540メートル離れ、どのように見えるのか?

飛行機は小さくなったが肉眼で認識出来る大きさだという。またそれだけでなくP-3哨戒機は時速610キロの速度で飛ぶため、あっという間にその場を過ぎ去るか、韓国艦隊に追いついていたと指摘。その時間わずか2~5秒。また陸と海上とでは距離感も異なり、海上だと近く感じるほか、ほかに比較対象物が無いと説明。

しかし韓国側が公開した写真には大接近している写真すら無く、動画も公開しておらず、また水面も見えないという不自然なもの。


このJTBC検証記事には800件以上のコメントが付けられており、
「映像公開できない理由がなんなのか?」
「哨戒機が脅威って?」
「無人哨戒機か、自殺特攻隊だな」
「クレイジー国防総省、脅威だったらそのまま射撃しろ」
などというコメントが付けられている。

JTBCの報道は「哨戒機はどれほど脅威だったのか? 低空飛行を再現」と同国の写真公開を肯定も否定するものではなく、あくまで検証に過ぎないが、日本のメディアもこれくらい徹底検証してほしいものだ。

【ゴゴ通信】http://gogotsu.com/archives/47540



敵機ではないと分かっているうえ、距離も500m以上離れ、
しかも攻撃機でもない。これを「威嚇」とするのだから
話など出来るはずがない。1km以上や3km以上の時もあった
ようです。今後は16km以内に近づこうとしたら警告される
らしいですよ。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク