朴槿恵前大統領が涙の訴え「なぜそんなに汚い人間に仕立てたいのですか」



 韓国の朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領の弁護士だった蔡明星(チェ・ミョンソン)弁護士がこのほど、朴前大統領の弾劾、裁判過程を回顧した本を出した。「弾劾インサイドアウト」と題する本には弁論過程での裏話が一部盛り込まれている。

 それによると、朴前大統領が2017年3月21日に初めて被疑者として検察の取り調べを受けた際、突然すすり泣き、取り調べが中断する場面があったという。サムスンからの収賄についての検事の質問に対し、朴前大統領は「国のために夜も寝ずに3年間を苦労とも思わずに生きてきたが、わたしがそんな汚れたカネを受け取るなんて。なぜそんなに汚い人間に仕立てたいのですか」と言い、泣きだしたのだという。蔡弁護士は「事故が起きるのを恐れ、取り調べが一時中断された。大統領はあまりに悔しかったのだろう」と話した。

 朴前大統領が逮捕状審査の最後に語った言葉も明らかにされた。朴前大統領は「創造経済革新センター、文化財団(ミル財団)も全て良い意味で始めたものだ。歴代の大統領に問題が多かったため、そういう余地をなくそうと兄弟姉妹も青瓦台には入れずに取り組んできたが、どうしてこんなことが起きたのか分からない」と話したという。

--- 以降省略 ---

【朝鮮日報日本語版】
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/28/2019012880018.html


ならば、あんたに聞きたい。
「韓国を発展させてくれた日本を、なぜそんなに悪い国に
仕立て上げたかったのですか」1000年恨まれろ!

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク