最高のデビューを飾った香川真司に“思わぬ騒動”、日韓ネットが舌戦



2019年2月4日、韓国メディア・スポーツアジアなどによると、ドルトムントからトルコ1部のベシクタシュに移籍した元日本代表MF香川真司が「旭日旗騒動」に巻き込まれた。

ベシクタシュに加わった香川は3日、アンタルヤスポルとの試合に後半36分から途中出場。投入わずか3分で2ゴールを挙げる活躍を見せ、チームの6—2勝利に貢献した。

新天地で最高のスタートを切った香川だが、記事によると、ネット上では「旭日旗騒動」に巻き込まれた。その理由は、ベシクタシュが香川を歓迎するため公式SNSに掲載した画像の背景に「旭日旗を連想させる柄が描かれていた」ため。これを見た韓国のファンから「旭日旗は軍国主義を象徴する旗」などと批判の声が相次ぐと、ベシクタシュはすぐに背景を変更したが、ある日本のファンからは「旭日昇天旗は日本の伝統的なイメージの1つ。軍国主義を象徴する旗ではない。画像が削除されたことは遺憾だ」と主張する声が上がるなど論争が広がったという。


これに、韓国のネットユーザーからは
「これは100%ベシクタシュの無知のせい。それに日本がその旗を使い続けていることも問題。香川はとてもいい選手なのに、香川の国は残念」
「香川は大好きな選手の1人なのに、今回の活躍を素直に喜べなくなった」
「トルコは兄弟国だと信じてきたのに。ひどい裏切りだ」
など落胆の声が上がっている。

そのほか
「韓国の兄弟国トルコが旭日旗の意味を知らなかったはずがない。わざとでは?」
と疑う声や、
「旭日旗をナチスの旗に変えて掲載しよう。そうすればすぐに理解してくれるよ」
「韓国の政府やネットユーザーは世界に向け、旭日旗の意味を地道に伝え続ける必要がある」
などと主張する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

【Record China】https://www.recordchina.co.jp/b685228-s0-c50-d0058.html

「カッコイイ真実を訴える画像が有ったので拝借。」



もう地球から出て行ったらいいと思う。
人類の思考からあまりにもかけ離れている。自分が嫌いだから
他人も嫌え。自分達は東海と呼ぶから他人もそう呼べ。
世界広しと言え、こんな事を主張するのはアノ国ぐらいです。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク