【コラム】高宗に問うべき三つの罪



 現在徳寿宮には、1905年9月に朝鮮を訪れた米国の高官級使節団に贈った高宗の写真が展示されている。11月に開幕した国立現代美術館の「大韓帝国の美術」展のため、113年ぶりに韓国へ戻ってきた遺物だ。高宗は黄竜袍(ほう)を着て紫の翼善冠をかぶり、皇帝の服装をしている。大韓帝国の皇室写真家だった金圭鎮(キム・ギュジン)が撮影したこの写真は、米国大統領セオドア・ルーズベルトの末娘アリスと共にやって来た実業家エドワード・ハリマンが米国ニューアーク博物館に寄贈したものを、今回借り受けた。高宗は当時、日露戦争の講和を仲介した米国の支援を期待し、21歳のアリス一行を極めて厚くもてなした。盛大な昼食会を開き、皇室の輿(こし)に乗せて案内した。アリス一行が朝鮮を離れる際には、高級なシナノキの箱に収めた写真を贈った。皇帝が治める独立国・大韓帝国を記憶してほしいという趣旨だった。

 だがアリスは冷静だった。「皇帝らしい存在感はほとんどなく、哀れで、鈍感な様子だった」。アリスの評価は、大韓帝国に向けられた外部の見方を率直に示すものだ。高宗が「米国の姫」にすがったその時、ゲームはすでに終わっていた。俄館播遷(露館播遷〈はせん〉=高宗が1896-97年にロシア公使館へ居を移して執政したこと)後に高宗が展開した親ロ政策は、英国・米国など大西洋勢力の警戒心を呼び起こした。この枠組みに乗った日本は、1902年に日英同盟を結び、日露戦争勝利の布石を打った。アリス訪韓の2週間前、ルーズベルト大統領が仲介したポーツマス条約が締結された。日本の韓半島(朝鮮半島)支配を認める条約だった。ルーズベルト大統領は「日本が大韓帝国を取ることを望む」と手紙にしたためるほど、大韓帝国を信用していなかった。高宗は、そんなことも知らずにルーズベルトの娘のスカートをつかんですがり付くほど国際情勢に疎かった。

「これ現在のアノ国でも言いますね。これが元ネタだったのかな?
『トランプのズボンのすそをつかんで…』みたいな翻訳コメントをよく見ますね。」



 高宗は、日清戦争時は米国公使館、日露戦争時はフランス公使館へ避難しようとした。1884年の甲申政変の時は清の軍隊に救出され、1895年の明成皇后(閔妃〈びんひ〉)暗殺事件の後は「俄館播遷」でロシア公使館へと逃亡した。日露戦争直前には、中国の青島かロシアのウラジオストクに亡命するといううわさも流れた。何かあれば外国公使館への避難・亡命説が出回る国家指導者を、どこの国がきちんと認めてくれるだろうか。

 高宗は、国を生かせるチャンスを幾度も逃した。高宗の在位44年間は、韓中日3カ国が生存のため必死に近代化競争を繰り広げていた時代だった。だが、国家改革を急ぐよりも君主の威信を高めることに予算を注ぎこみ、甲申政変や東学革命(甲午農民戦争、1894)といった山場を迎えるたびに外国軍を引き入れた。日露戦争時は中立国宣言で危機をやり過ごそうとした。だが日本軍が進駐して紙切れと化した。自らを守る能力がない大韓帝国の中立国宣言は、世界の笑いものにしかならなかった。

 高宗が国力を結集して憲法と議会、近代的司法システムを整備し、国の存立を賭けて近代文明国へと転換していたなら、あれほど無力に植民地へと転落はしなかっただろう。だが高宗は、国家改造のため互いに手を携えるべき友好勢力の独立協会・万民共同会を弾圧した。下からの改革要求が君主権を侵害すると判断したからだ。皆が力を合わせても手に余る時期に、高宗は徹底して「味方と敵」を分ける陣営政治の先頭に立った。

 高宗が各国へ密使を送り、日本による主権侵害を暴露する秘密外交を展開したのは事実だ。だが、それだけだった。弱肉強食の時代に、無力な国を助けてくれる善意の隣人はいなかった。このところドラマや映画、展示などで見られる、高宗に「改革」「抗日」の色付けをして再評価する熱気は、事実を誤解させる危険性が高い。よその国の公使館に逃げていった道を、近代国家を夢見た「高宗の道」と美化しても、亡国へと導いた罪は軽くならない。日本による35年間の支配を呼んだ第1次の責任は、高宗に問うほかない。

金基哲(キム・ギチョル)論説委員

【朝鮮日報日本語版】
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/01/2019020180177.html


この「大韓帝国」と気軽に現代韓国人が使うのを見ると怒りが
湧き上がってきます。彼らはわざとなのか、無知なのか、絶対
に大韓帝国成立の過程を載せない話さない。日本に歴史で文句
を言うなら、「俺たちは中華の一部が良かったのに余計な事を
した」、こう迫られたら謝罪も仕方ないと認めます。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク