慰安婦問題「被害者視点欠く」 国連人権理で韓国外相



 国連人権理事会の通常会期が25日、ジュネーブで開幕した。韓国の康京和外相は演説で、戦時下の性暴力に関して旧日本軍の従軍慰安婦問題に言及、日韓双方の取り組みは「被害者中心の視点を欠いていた」と強調し、未解決との認識を改めて示した。同問題は日韓間の懸案事項の一つとなっており、日本政府が反発する可能性がある。

 国連のグテレス事務総長は冒頭演説で「今も無数の女性が危険や暴力に直面している」と紛争下の性暴力やセクハラを非難した。性被害を訴える「#MeToo」(「私も」の意)運動に触れ、「人権と社会正義のための力強い動きだ」と称賛した。

【共同通信】https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-00000231-kyodonews-int


厳しい懲罰的制裁、国民はそれ以外望んでいない。
今はまだ「安倍総理」と呼んでいますが、反日勢力と
日本人、双方から「安倍がー」と言われるようになりますよ。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク