宋惠敎、ハーグの「李儁烈士記念館」にハングル看板を寄贈



俳優の宋惠敎(ソン・ヘギョ、写真)が、オランダ・ハーグにある「李儁(イ・ジュン)烈士の記念館」にハングル看板と案内板を寄贈した。

誠信(ソンシン)女子大学教養学部の徐敬德(ソ・ギョンドク)教授は1日、自分のソーシャルネットワークサービス(SNS)に、「歴史的な3・1運動100周年を記念するために、宋さんと一緒にもう一つの意味ある仕事を始めた」として、このような事実を明らかにした。徐教授はまた、「海外独立運動の遺跡地には、まともなハングル看板がないか、古くて交換が必要なところがかなりある」として、その趣旨を説明した。

彼らは、「企画=徐敬德、後援=宋惠敎」協力プロジェクトを継続する計画だ。2013年も、李儁烈士記念館にハーグの特使3人(李儁、李瑋鍾、李相卨)のブロンズレリーフ(縦横1.7X1.2メートル)を制作して寄贈した。また、海外独立運動の遺跡地に韓国語ガイドを作成して配布し、これを「韓国の歴史」のホームページにも掲載してきた。徐教授は、「私たちが遺跡地を頻繁に訪問することが、独立運動遺跡地を守っていく最高の方法だ」として関心を要請した。

【東亜日報日本語版】http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/1655434/1


なぜに海外に作るの?
寄贈したもなにも、自分達の事で現地の人には不要。
自分達が大事なら自国に置くべき。そもそも当時ハーグでも
門前払いされたでしょう。日本を貶めるためだけにしている
事だと分かりますが、普通やりますか?

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク