韓国大統領、海洋摩擦に警戒感=「独島」艦に搭乗、国防力強化訴え



 韓国の文在寅大統領は5日、南部・昌原の海軍士官学校で演説し、「世界四大軍事強国が朝鮮半島を囲んでおり、海をめぐりさまざまな摩擦も表面化している」と述べ、「海洋管轄権、航行の自由の確保など、自国の海洋戦略を力で支えるため、海軍力を拡充している」と警戒感を表明した。

 その上で「わが海軍もこれに対応していかなくてはならない。平和をつくるためには一層強力な国防力が必要だ」と強調した。大統領府が演説内容を公表した。

 「四大軍事強国」は米国、ロシア、中国に加えて日本が含まれる。竹島の領有権をめぐる対立や韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題には直接言及しなかったが、洋上での摩擦を念頭に国防力強化の必要性を訴えた。

 代表取材団によると、文氏は演説に先立ち、沖に待機していた島根県竹島の韓国名を冠した揚陸艦「独島」に搭乗した。「周辺国に海軍力を誇示し、海洋主権を守る意志を強調する意味がある」(大統領府当局者)という。

【時事通信】https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190305-00000114-jij-kr


記事の事ももちろん問題ですが、トップの写真に
「注も~く」。ショッカーとナチスの劣化版みたいだと
思いませんか。この写真が面白くて取り上げてしまいました。
海軍の増強とか、夢を見る余裕を与えたのが間違いでした。
制裁、特許裁判、スパイの取り締まり等で締め上げるべき。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク