撤退から10年、韓国の現代自動車が日本車市場に再挑戦



2019年3月6日、韓国・電子新聞は、現代自動車が日本の車市場に「再び挑戦状を突きつけた」と報じた。2009年に販売不振で撤退して以来、10年ぶりのことという。

業界によると、現代自動車は日本進出のデビュー舞台として、今年10月24日に東京で開かれる「東京モーターショー2019」に600平方メートル規模の単独ブースを設ける予定で、「Nexo」など世界初となる量産型の水素電気自動車(FCEV)や電気自動車(BEV)を中心に据える。車の販売時期はマーケティング効果が期待される東京五輪の日程を考慮し、早ければ年末か来年初めが有力視されているという。

現代自動車は2017年から日本のタスクフォース(TF)を運営して市場戦略を練ってきており、初期市場の看板車種として最終的に「エコカー」を選択したという。大々的なマーケティング活動より、現地で販売されていないSUV型のエコカーを中心に初期市場の定着を狙うとみられているという。

また記事は「日本は輸入車の市場シェアが10%にも満たないほど自国ブランドを好む傾向が高く、現代自動車が通用しない唯一の市場」と指摘。今回の再挑戦は「変化した韓国自動車の存在感を証明する舞台でもある」と伝えている。


これを受け、韓国のネット上では
「中国車が韓国に進出したら買う人いる?日本人はそんな目で韓国車を見てるだろう」
「日本人は軽自動車に乗る人が多いから、現代自動車の入る隙はない」
「現代自動車のみならず、Galaxyを除いて韓国製品を日本のテレビCMで見たことがない」
「製品の競争力とかの問題じゃなくて、日本人はまず韓国産は買わないからやめておいた方がいい。サムスンが唯一主導権を握れない市場が日本」
など、再挑戦に否定的な反応が相次ぎ、
「独自ブランドで競争するより、三菱自動車を買収する方がいいんじゃない?」
「日本進出はやめてマツダやスバルを買収して!」
などと提案する声も上がっている。

ただし、少数派ではあるが
「トヨタもそのうち電気自動車を出すだろうけど、まだ出ていない。電気自動車+水素自動車のSUVや乗用車で攻めていったら勝算はある」
「今回こそは頑張って」
「いろんな方向から攻めていって」
など応援メッセージも届いている。(翻訳・編集/松村)

【Record China】https://www.recordchina.co.jp/b693227-s0-c20-d0127.html


日本国、日本人には何をしてもいいなんていうお国柄の
国から買うわけない。食品や自動車なんて命に直結して
いますからね。当然どちらも敬遠されるでしょう。
全部自分達がしてきた事に対する報いですよ。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク