徴用工問題「対抗措置含めあらゆる選択肢」 菅長官、麻生氏の対抗措置発言で



 いわゆる徴用工訴訟で韓国最高裁から賠償を命じられた日本企業の資産差し押さえ問題をめぐり、菅義偉官房長官は13日午前の記者会見で、麻生太郎副総理兼財務相が報復措置として韓国への送金停止などを例示したことについて「政府として対抗措置も含め、あらゆる選択肢を視野に入れて適切に対応していく」と強調した。

 菅氏は、関係企業と緊密に連絡をとる考えを示したうえで「政府として一貫した立場に基づき適切に対応していく考え方に変わりはない」と述べた。

 麻生氏は12日の衆院財務金融委員会で、報復措置について「関税に限らず、送金の停止、ビザの発給停止とかいろんな報復措置があろうかと思う」と話した。

【産経新聞】https://www.sankei.com/politics/news/190313/plt1903130012-n1.html


国民は「今か今か」と待ち焦がれています。
徴用工問題だけではありません。天皇陛下への無礼や
レーダー事件、これまで積み重なったありとあゆる事。
とにかく懲罰的措置が必要でしょう。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク