韓国財界代表、二階幹事長らと会談へ…韓日経済問題は解決に向かうのか



 韓国の全国経済人連合会(全経連)の許昌秀(ホ・チャンス)会長が14日、東京を訪問し、自民党の二階俊博幹事長らと会談するという。

 韓国経済日刊紙の毎日経済新聞は、14-15日開催の「B20東京サミット」に出席する許昌秀会長が二階俊博幹事長と会う計画だと12日報じた。許会長は二階幹事長に韓日間の外交葛藤が経済問題に飛び火してはいけないという立場を伝える方針という。

 最近悪化した韓日関係は両国間の経済問題にも影響を及ぼしている。韓日経済協会は今年5月13-15日にソウル中区ロッテホテルで開催する予定だった「第51回韓日経済人会議」を9月以降に延期した。また、麻生副総理兼財務相は韓国の徴用被害訴訟で賠償命令を受けた日本企業の資産差し押さえに関連し、ビザ発行や送金の停止など報復措置を具体的に検討していると明らかにした。

 許昌秀会長は昨年6月にも東京で二階俊博幹事長に会っている。当時、許会長は韓日金融協力の代表事例の「韓日通貨スワップ」再開を建議するなど、韓日間の経済協力活性化を要請した。

【中央日報日本語版】https://japanese.joins.com/article/219/251219.html


日本に頼む前にする事があると思う。
韓国が変わらない限り、日本人の対韓感情も変わりません。
そんな事が起こるとは思えないので、日本としては被害が
拡大する前に関係を断ち切るべきなのだが・・・

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク