「5G世界初」にこだわった韓国、産業面では大きな遅れ=韓国ネットから批判の声



2019年4月9日、韓国・中央日報は「韓国が5Gスマホに集中している間に…」と始まる見出しで、世界で初めて5Gサービスを開始した韓国の現状を報じた。

韓国は3日、わずかな差で米国を抑えて「5G世界初」というタイトルをつかんだ。しかし記事によると、「5Gの準備状況や活用案は米中に比べて大きく遅れを取っている」という評価が出ているという。

「確か1時間か2時間でしたね。しかも無理矢理に・・・w」


米移動体通信産業協会(CTIA)は最近、昨年まで世界1位だった韓国の5G競争力が、今年に入って米中に追い越されて3位に下落したと評価した。「世界5G競争力」報告書で「5Gネットワークや産業と結びつけた活用案などに対する投資で米中が上回っている。韓国はこうした準備が遅れ、日本や英国にも追撃されている」と指摘したという。

記事は「5Gのカバレッジ範囲(基地局数)、端末価格、料金制など通信レベルの問題から抜け出せず、産業的インフラとしての活用案の議論も進んでいない状態で、さらに通信領域でも大衆化までは越えるべき課題が多い」と伝えている。

米中の5G競争力が高まった理由については「5Gネットワーク構築速度の速さ」を挙げており、米国の場合、今年末までに92都市で5Gサービス拠点が設置されるなど、韓国の2倍に達する見込みという。また「5Gの産業的な側面が進んでいないため」との分析も出ているといい、韓国が個人間の通信に焦点を合わせている一方で、米中は人工知能やバーチャルリアリティ、自動運転、スマートホームなど第4次産業革命のインフラにしているという。

なお韓国政府は今月8日、5G生態系の構築に30兆ウォン(約3兆円)を投資する計画を発表している。


これを受け、韓国のネット上では
「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は科学技術、国防、経済にはあまり気を使わないように思う」
「5Gをインターネットコンテンツに活用しようと考える現政府。本当に何も考えてないんだね」
「5Gは企業にかかってる」
「サムスンを弱体化させて5Gを育てようって?」
「5Gスマホだって韓国のIT企業が頑張ってることであって、政府が積極的に支援してくれたことなどある?」
など文政権への非難コメントが続出している。

その他
「これが現実。世界初とは言え、韓国のせかせかした見せかけ式のやり方はいつになったら直るかな。ハードウェアの技術だけで、ソフトウェアのことはよく知らない韓国」
「大体韓国に基礎科学なんてある?。理系より公務員がいいとされる現実。大学に行って自分の専攻の勉強をすると思う?」
など韓国社会が抱える問題を指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/松村)

【Record China】https://www.recordchina.co.jp/b701055-s0-c20-d0127.html


そもそも本当にアノ国が1位だったのか?
何一つ産み出さない彼らにそんな事が可能?
米中に抜かれて日英に追いつかれるとか・・・
いつも彼らが言うファンタジーにクリソツな筋書ですが。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク