韓国副首相が米財務長官と初対面…「韓国車の関税賦課除外を要請」



 訪米中の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官が13日にムニューシン米財務長官と会い、自動車関税賦課措置から韓国製自動車が除外されるようにしてほしいと要請した。

 主要20カ国(G20)財務相・中央銀行総裁会議参加のため訪米中の洪副首相はこの日、就任後初めてムニューシン財務長官と会談し、通商、外国為替政策、イラン制裁、北朝鮮問題について意見を交換しながらこのように要求した。

 これに先立ち米商務省は2月17日に輸入自動車が国家安保に及ぼす影響を分析した報告書を提出している。これを土台にトランプ大統領は90日以内に韓国製をはじめとする輸入車に関税賦課の可否などを決めることになる。

 洪副首相の要請にムニューシン長官は、韓国製自動車に対する関税賦課は最終決定されていないとし、韓米貿易関係に及ぼす重要性が大きいだけにうまく解決されるよう望んでいると前向きの回答をしたと企画財政部は伝えた。

 洪副首相は15日に発表される予定の米国の為替相場報告書に韓国の努力が十分に反映されることも期待した。

 韓国は2016年4月以降に発表された6回の米国為替相場報告書ですべて為替相場操作国指定を避けた。

 このほかにも洪副首相はイラン産原油輸入の例外的許容延長と北朝鮮問題に対しても米国の協力を要請した。

 ムニューシン長官は韓国のイラン産原油輸入例外的許容と関連し関係官庁と協議するとし、北朝鮮問題も政策共助を続けていくという立場を明らかにした。

【中央日報日本語版】https://japanese.joins.com/article/326/252326.html


日・欧だけに関税をかけて韓国には課税するな・・・と、
自動車も国も一番無価値なのに何を言っているのか?
なら対価は何だと突っ込まれるのがおちでしょう。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク