旭日旗に抗議の韓国教授、日本の右翼から脅迫受ける



 旭日旗を使った応援を中止せよとJリーグに抗議したソ・ギョンドク誠信女子大教授が、日本の右翼団体から「死ね」などの脅迫を受けたという。

 ソ教授は17日、フェイスブックを通して「日本の右翼団体が大学におかしなものを送り続け、今では家の住所も公開されて、家族を苦しめるのではないかという心配が先に立っている。独島(日本名:竹島)、従軍慰安婦、強制徴用、旭日旗などと関連があることを展開するたび、日本のポータルでは私に関する記事があふれかえる」と書き込んだ。

 さらに「もちろん注意はするが、率直に言って怖いと思ったことはただの一度もない」と付け加えた。

 ソ教授はこれまで韓国のPR活動の先頭に立ってきた。ソ教授は今月16日、Jリーグに「日本のサッカー場で戦犯旗(旭日旗のこと)を使った応援を中止せよ」という抗議の書簡を送っていた。

【朝鮮日報日本語版】
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/18/2019051880001.html


こんな活動していたら、そりゃあ憎まれますよ。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク