独島海洋微生物から坑がん物質を発見…「独島リピッド」と命名



 韓国研究陣が独島(ドクト、日本名・竹島)周辺海域の堆積土に存在する海洋微生物から坑がん効果のある3つの新物質を発見して「独島リピッド(Dokdolipids A-C)」と命名した。

 20日、海洋水産部と韓国海洋科学技術院によると、韓国海洋科学技術院のシン・ヒジェ博士が率いる研究チームは2006年から推進された「独島の持続可能利用研究事業(研究責任者パク・チャノン博士)」の目的で今回の研究を進めた。研究結果、独島リピッドは大腸がん・胃がん・肺がん・腎臓がん・前立腺がん・乳がんなど6つのがんに対して坑がん活性成分を保有していると明らかになった。

 独島里リピッドは、シャンプー・歯磨き粉・化粧品・食品・医薬品などに活用される化学物質である生物界面活性剤だ。石油の副産物から得られる一般的な界面活性剤とは違い、生物が生産するため副作用がなく環境にやさしい天然界面活性剤が関心を集めている。

 今回の研究結果は世界的な権威のある海洋医薬分野学術誌である「マリンドラッグス(Marine Drugs)」に先月20日掲載され、韓国内特許(今年1月28日)および国際特許(PCT)出願(今年3月8日)も完了した。

 海洋水産部関係者は「今回の独島リピッドの発見および国際学術誌への掲載は全世界に独島を広く知らしめることができるきっかけになるものと期待している」と明らかにした。

 韓国海洋科学技術院は今回発見した新物質である「独島リピッド」の商用化などについて持続的に研究を推進する計画だ。

 韓国海洋科学技術院のパク・チャノン東海(トンへ、日本名・日本海)研究所長は「独島には約1万 2000種の多様な海洋微生物が存在している」とし「今後も独島の海洋微生物から病気治療効果のある新物質の研究を持続的に進める計画だ」と話した。

【中央日報日本語版】https://japanese.joins.com/article/537/253537.html


発見が本当だったとして、たぶん、あの海域だけに存在する
物ではないでしょう。薄汚い下心がミエミエ。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク