「親日派トランプ」にした安倍の反撃



 ひとつはっきりしたことがある。米国が間違いなく日本側に立ったという事実だ。日本を国賓訪問したドナルド・トランプ米国大統領が26日、安倍晋三首相とゴルフカートに乗って満面の笑みで撮影した「自分撮り写真」を見た瞬間、「ゲームは終わった」という考えさえした。韓国と日本が鋭く葛藤していることを明らかに知りながら、トランプはこれ見よがしに日本のほうに回ったのではないか。

 世界経済1、3位の2首脳のブロマンス(bromance)が投げかけたイメージは強かった。一緒にゴルフをして、相撲を見て、炉端焼きで夕食を食べて、首脳会談と徳仁天皇の晩さん会に参加するなど常に行動を共にした。安倍は「観光ガイド」という非難にも甘んじながら、卑屈なほど誠心誠意を注いだ。おもてなし(真心を込めた日本式接待)だが、このように手厚く親密な首脳外交は今まで見たことがない。米国大統領としては初めて、第2次大戦時に敵国だった日本の自衛隊戦艦に乗船した場面は含蓄的だ。日本の軍事大国化と安倍が目指す「戦争のできる国」に対する米国の承認といえる。米日が「宝物のような同盟(treasured alliance)」と全世界に宣言しながらだ。

 こういう騒々しい隣の家の「祭り」を見ながら、韓国国民としての筆者の心は穏やかではなかった。トランプの態度は、先月11日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領がホワイトハウスを訪問した時とあまりにも対照的だ。当時、文大統領は1泊3日という多忙なスケジュールを組んで飛んで行ったが、トランプと単独面談した時間はたったの2分で終わった。これほど忙しいトランプが安倍に与えた時間は11回の首脳会談25時間45分を差し引いても、5回のゴルフ時間だけで16時間10分になると日本メディアは伝える。ゴルフをするかしないかではなく、誠意と配慮の問題だ。まるで自分が冷遇を受けたように顔がカッと熱くなる。

 安倍はトランプを「親日派」にして局面をひっくり返した。トランプの口から東海(トンヘ)ではなく「日本海」という言葉が何もなしに出てきただろうか。北核交渉で「ジャパンパッシング(Japan passing)」を心配していた日本は新たな「仲裁者」として出る勢いだ。安倍は「北朝鮮問題で日米の立場は完全に一致する。金正恩(キム・ジョンウン)と条件を付けずに会う」と大声を上げた。来月28~29日、大阪20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)は「花見劫」だ。安倍としては韓日首脳会談をしてもいいし、しなくても損することがない。残念なのは韓国のほうだ。膠着状態の北核問題に突破口を開くためには、トランプをつかんで離さない安倍に会って側面支援を要請する必要がある。そのためには日本の強制徴用解決法を一部受け入れなければならないが、「親日清算」を叫んでいたため駆け寄ることも無視することもできない状況だ。隣の家が主催する国際行事に行ったものの、主人と単独会談もできずに手ぶらで帰ってくることがあれば、これほどの恥さらしも他にない。日本を見下していたツケが回ってきている。

 米国の権力は厳格に存在する現実だ。国際関係で「永遠の友人も、敵もなく、永遠の利益だけが存在する」ということを看破した安倍の執念は恐ろしい。韓米同盟が弛緩し、米国が日本に傾いたといううわさが韓半島(朝鮮半島)周辺に出れば、我々韓国の体面は丸つぶれになる。中国は韓国をさらに甘く見るようになるだろうし、北朝鮮は米国と刺々しい仲裁者・韓国をさらに無視するようになるだろう。米中朝日の間からはじき出されて孤立する悲しい影がちらつく。

 最近では、習近平中国国家主席は大阪G20サミットに参加したあと韓国に立ち寄ってほしいという韓国側の要請を断ったという。2017年12月、文大統領訪中の時に「一人飯」の冷遇に耐えながら機嫌を取ったが無駄だった。かえって米中覇権競争が本格化すると、「こちら側につけ」と迫り事大外交を復活させようとするのが中国だ。米中貿易戦争の中、米国の「反ファーウェイ(華為)」グループから離れろと圧迫しているが、THAAD(高高度ミサイル防衛)事態の恥辱と悪夢が脳裏をよぎる。

 北朝鮮の金正恩にとって、米国が後ろにいない韓国は効用価値がない。だから「おせっかいな『仲裁者』『促進者』の振る舞いはするな」と面と向かって非難し、北朝鮮にオールインしてきた韓国政府にあてこすって辛辣な言葉を飛ばしながら「もっと奮発しろ」と訓戒する。「我が民族同士」も良いが、軽蔑まで甘受しなければならないのは不快だ。

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領は、2003年韓米首脳会談後に「若いころ韓信将軍は浮浪者に頭を下げて股の下をくぐったという」と言って、中国の「胯下之辱(韓信の股くぐり)」の故事成語を取り上げた。ブッシュ大統領を浮浪者、自身を韓信に遠回しにたとえて米国の力に屈服するほかなかった自身の屈辱的な外交を吐露した。それが16年前だ。ところが今は米国だけでなく中国・北朝鮮・日本から「胯下之辱」に遭うさらに良くない状況が起こるのではないか心配だ。

 経済力と国際的地位は比例する。文大統領は「30-50クラブ、すなわち人口が5000万人以上で1人当たりの国民所得3万ドルを成し遂げた世界で7番目の国になった」と自慢した。米国・日本はもちろん、ドイツ・フランス・英国・イタリアなど30-50クラブ国家が外交舞台でこのような侮辱を受けたという話を聞いたことがない。歴史と現実を分けることができない現政権の中途半端な「運動圏外交」が韓国国民の自尊心にも傷を残している。このような有様にした外交責任者がいまだに健在なのは、本当に恥知らずなことだ。

 コ・デフン/首席論説委員

【中央日報日本語版】https://japanese.joins.com/article/970/253970.html


勘違い、思い上がり、身の程知らず、読みながらこんな
者も実際に居るのだなぁと驚かされました。日本のおかげで
国があり、自分達も存在出来た。それでも日本を見下す?
歴史的にも現実的にも遥かに上位国を見下す。感謝もしない。
協力という援助も助けも絶対にしてはいけない。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク