上半期最大の韓日ビジネスイベント 11~13日に両国で開催



 大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は9日、韓国と日本で11~13日、上半期最大規模の韓日ビジネスイベント「輸出総力大戦」を行うと明らかにした。

 素材部品や消費財、情報通信技術(ICT)など主力輸出分野の日本企業455社と韓国企業277社が参加し、商談を実施する。韓国人採用を進める日本企業47社は約250人と面接を行う。

 韓国では11日、慶尚南道・昌原で「日本輸送機器調達商談会」が開かれる。慶尚南道に本拠地を置く韓国企業81社が参加する。日本企業12社の関係者は12日に忠清北道・清州、13日に全羅北道・全州を訪れ、韓国企業計104社と商談する。

 日本では12~13日、東京で「部品素材輸出商談会」が開催される。東京ガスやいすゞなど日本企業80社と韓国の素材部品企業43社が参加する。

【聯合ニュース日本語版】https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190609000900882


なぜこんな事になるのか? 以前テレビで見た事を思い出し
ましたが、日本の農家や中小企業が持つ品種・技術を商社が
中国に持ち出し安価で作らせ輸入というのがありました。
アノ国の場合、既に日本のノウハウを手にしている場合も有る
でしょうから手間が省け経費も下がる。安いから買う。かな?

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク