韓国ガス公社、中小企業の日本進出を支援



 韓国ガス公社が13日、東京で、天然ガス分野の韓国中小企業の日本市場進出をサポートするため1:1輸出相談会を開催した。

 ガス公社は今回、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)東京貿易館と協業し、2017年の日本ガス市場自由化政策以降、資材・機材購買単価引き下げなどコスト削減圧力が強まっている東京ガスの最初の海外調達相談会への参加を引き出した。行事にはガス感知器およびバルブなどを生産する韓国中小企業5社と日本エネルギー分野の15社が参加した。特に日本最大ガス会社の東京ガスが参加し、関心を集めた。

 ガス公社の関係者は「今回の輸出相談会が国内天然ガス分野の中小企業が日本市場に本格進出するきっかけになることを望む。今後は電力市場など日本のそのほかのエネルギー市場にまで中小企業の進出を拡大できるよう支援していきたい」と述べた。

【中央日報日本語版】https://japanese.joins.com/article/454/254454.html


ガスや電気、日本国民のライフラインにアノ国の企業。
絶対にあってはならない事でしょう。特にガスなんて最悪。
感知器?バルブ? 日本人の生命に直結している物でしょう。
そんなところに敵国とも考えられる国の物なんて・・・

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク