露が韓国に「北の非核化行程表」参加要請 外相会談、米牽制か



 【モスクワ=小野田雄一】ロシアのラブロフ外相と韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は17日、モスクワで会談した。北朝鮮非核化問題で、ラブロフ氏は康氏に、ロシアと中国が2017年に共同策定した問題解決への「ロードマップ(行程表)」の更新作業に韓国も参加するよう要請した。イタル・タス通信が伝えた。韓国側は今後、検討するとみられる。

 中露による17年のロードマップは、(1)北朝鮮は核・ミサイル開発を停止する一方、米国と韓国は合同軍事演習を中断・縮小する(2)米朝など関係当事国が対話を進め、問題を平和的に解決する-などとするもの。

 ロシアがロードマップの更新作業に韓国の参加を要請した背景には、米国による北朝鮮への軍事介入や東アジア地域への軍備増強を牽制(けんせい)すると同時に、北朝鮮問題が米国主導で解決されるのを防ぐ狙いがあるとみられる。

【産経新聞】https://www.sankei.com/world/news/190617/wor1906170024-n1.html


心情的にはさっさと向こう側に行ってもらいたい。
アノ国と同じ陣営という事が気に食わない。
現実問題としてはどうなのでしょうかねぇ。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク