韓国の“国産”月軌道船の打ち上げがまた延期に?開発が遅れる理由は…



2019年6月16日、韓国・ニュース1は、韓国が「純国産技術」で開発を進めている「月軌道船」の打ち上げが延期になりそうだと伝えた。当初は2020年12月に打ち上げる計画だったが、「研究陣の技術的な意見の食い違い」により「日程調整は避けられない見通し」だとしている。

科学技術情報通信部が2018年に策定した「第3次宇宙開発新興基本計画」では、テスト用月軌道船を20年までに、月着陸船を30年までに打ち上げる予定だった。しかし記事によると、韓国航空宇宙研究院の労組が10日に「18年4月から、研究現場では月探査事業に赤信号がともり始めたがいまだに放置されている。現時点で20年12月に予定されている月軌道船の打ち上げは、22年ですら可能かどうか予測困難な状況」だとする声明書を出したという。

労組は、軌道船開発はクリティカル・デザイン・レビュー(CDR)の段階でストップしている状態だとも伝え、その理由を「研究陣の意見の食い違い」と説明している。当初の計画では「軌道船の任務寿命は3カ月、ペイロード(搭載物)数は四つ」だったが、17年に「1年、六つ」に変更され、軌道船の予想総重量も550キロから660キロとなった。このため、「軌道船の重量が増えた分、燃料タンクを安定させるため規模を拡大し設計に反映すべき」との意見と、「従来の燃料タンクで問題なし」との意見で対立しているという。

韓国政府はまだ具体的に動いてはいないが、正式に打ち上げ延期が決まった場合、4度目の日程調整となるという。

月探査計画が初めて策定されたのは07年、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権で「20年月軌道船開発、25年月着陸船を打ち上げ」を目標としていた。しかし13年、朴槿恵(パク・クネ)政権は「17年に軌道船を、20年に着陸船を完成させる」と、計画を前倒しした。現在の文在寅(ムン・ジェイン)政権は「20年12月に軌道船を、30年以前に着陸船を打ち上げる」と目標を修正している。


この記事に、韓国のネットユーザーからは
「発表の段階から、期待なんてしてない。言うことが変わるだろうと予想してたよ」
「やめちゃえば?そんな能力もないんだから」
「中国や日本に助けてくれと頼んでみれば?」
「事業進行の遅れの原因は、大部分が『リーダーの能力のなさ』だ」
など、冷ややかな声が殺到している。

また
「研究者や開発者ではなく、行政側の意思だけで日程を決めて発表してしまうことが根本的な問題だ」
「宇宙庁を作るべきでは」
「科学技術にもっと積極的に投資しよう」
「米国や日本より数十年は遅れているのに、いまだに予算は米国の100分の1、日本の10分の1」
「アポロが月に着陸したのが1969年なんだから、2030年に打ち上げに成功しても技術格差は60年。日本は1945年よりも前に航空母艦を実戦配置しているのに、韓国は夢のまた夢。技術者の意見が食い違うというのは、いまだ正確に算出できる知識を持っていないということだろう。時間が掛かるのにもうからないという理由で基礎科学に投資してこなかった結果ではないか」
などの意見も寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

【Record China】https://www.recordchina.co.jp/b721634-s0-c30-d0144.html


どうせ「何とかなる」程度の認識で、しかも日本への
対抗意識だけで始めた事業でしょう。向いてないのだから
潔く止めればいいのに。他力による成長と発展が何かの
勘違いをさせてしまったのでしょう。本来同程度であるはずの
国々で「宇宙」なんて言っている国は見当たらない。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク