韓経:【コラム】韓国人の「分け合いDNA」

 南部地域には「3つのおまけがあるべき」という昔からの言葉がある。ご飯を炊く時、家族のほかに3人分を追加して炊くということだ。貧しくて厳しかった時期、腹をすかせた近所の人たちが家に来ればいつでももてなすための美しい風習だ。

 それだけではない。引っ越しの翌日に近所の人に餅を配り、冬至には厄払いをして幸福を祈るため隣人とお汁粉を分け合って食べる伝統のあちこちに、分け合いの精神が込められている。分け合う心は人に限られたものではない。魚と動物、鳥の空腹まで考えた魚付食(オブシク)、ゴスレ、カッチパブなどの厄払いもそうだ。情け深い韓国人の体の奥深くに「分け合いDNA」が流れるのは必然なのかもしれない。

 キムジャン(キムチを漬け込む行事)も韓国の分け合い文化に欠かせない。キムジャンは冬の間の食べ物を準備すること以上に象徴的な情緒を内包する。キムジャンは近所の人たちが集まって言葉を交わし合う場であり、お互い助け合ってキムチを漬ける美しい共同体文化だ。

 キムジャン文化はその優秀性と価値が世界的に認められ、2013年にユネスコ無形文化遺産に登録された。韓国の代表的な食文化が伝統を越えて世界の人が共に保護して伝承すべき文化的な資産であることを確認したのだ。

 筆者も国内の包装キムチ1位ブランド「宗家キムチ」を運営しながら、毎年キムジャン分け合い行事を開いている。分け合いと隣人愛の精神が込められたキムジャン文化を維持して伝播するのに注力しなければいけないという使命感のためだ。今年は越冬用キムチがなくなる春のシーズンに合わせて、恵まれない隣人にキムチとおかずを配った。宗家キムチから伝えるキムチとおかずが単なる食べ物を越え、生活の根幹となる食卓に小さな勇気と希望を与えることができればという気持ちだ。

 大小の行事があるたびに心を込めて分け合いに参加する役職員、純粋な奉仕の心で自分の時間を出す「チョンジョンウォン主婦奉仕団」と向き合っていると、韓国人の分け合いDNAがどれほど偉大なものかを実感する。同時に企業家として社会に貢献するべき責任と役割を改めて省察する契機になる。

 薄情な世の中になったというが、そうであるほど隣人と心を交わした先祖の風習を再確認する時期だと考える。韓国人に内在する分け合いDNAを高め、社会のより多くのところに韓国型分け合い文化の花を咲かせることができるよう、筆者も積極的に参加して力を注いでいきたい。

イム・ジョンベ/デサン代表

【中央日報日本語版】http://japanese.joins.com/article/252/229252.html


外から見る分には、
"偉大" な分け合いDNAが有るとは思えませんが。
有るのでしょうね、彼らだけに見えるどこかに。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ


スポンサーリンク