韓国VANK、旭日旗の実体知らせる動画を公開…ハーケンクロイツと比較


「VANKのリーダー」

 韓国のサイバー外交活動団体であるVANKが日本の旭日旗広報に対応し、ナチスの象徴であるハーケンクロイツ(かぎ十字)と比較する動画を24日にユーチューブに掲載した。

 この動画は「日本の旭日戦犯旗の実体を世界に知らせるVANK青年たちの挑戦」という題名で、6分50秒の長さで作られた。現在は韓国語字幕だけだが、近く英語字幕も作り、フェイスブックとツイッターなどSNSとともに世界各地のホロコースト関連団体にも広報する予定だ。

 動画は「ある日突然ドイツ政府が『ナチスドイツの象徴であるハーケンクロイツはドイツで長く広く使われてきた。これはドイツ軍の旗として国際社会が認めている。また、現代ドイツ社会で幅広く使われている』で言うならば欧州の人たちはどのように反応するでしょうか」という質問で始まる。

「ハーケンクロイツはナチス時代だけの物で、現在使われていない。そんな物を
現代でも使われていると言う者がいるわけがない。対して旭日旗は第二次大戦以前から
存在し、現在も実際に使われている。キミたち以外は何も言わない。まったくの別物。」



 続けて、ハーケンクロイツを使うのは欧州では想像もできないことなのに、アジアでは旭日旗が公然と使われているとし、「旭日旗は1870年に正式に日本陸軍の軍旗として使われ、1889年に日本海軍旗に採択された。侵略戦争犯罪を遂行する過程で利用された帝国主義戦犯旗」と主張した。

【中央日報日本語版】https://japanese.joins.com/article/814/254814.html


日本側も「真実」の発信を真剣に考えるべき。
アノ国の嘘に「沈黙」は奴らの思う壺。黙っているのは
真実だから反論出来ないと見做されます。いかに日本が
アノ国に「してやった」か、与えた恩恵も全て発信して
いけばいい。同様の組織を作るのも手ですね。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク