首相、文氏を夕食会で別テーブルへ…際立つ関係悪化



 安倍首相はG20大阪サミットに合わせ、17か国・地域の首脳らと会談したり、事前調整して立ち話したりしたが、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領とは行わなかった。韓国人元徴用工訴訟をめぐる日韓関係の悪化が際立つ結果となった。

 韓国政府は、「現場で日本側が会おうと言えば、いつでも会う」(大統領府高官)との立場で、土壇場での会談実現に期待をつないでいた。しかし、首相は、28日のサミット開幕と同日夕の文化行事で各国首脳らを出迎えた際、文氏と数秒、握手を交わしただけで、同日夜の首脳夕食会でも、文氏に自分とは別のテーブルを割り当てた。偶発的な立ち話もなかったとみられる。

 徴用工訴訟問題を巡り、日韓請求権・経済協力協定に反する状態を放任している韓国に対し、首相の厳しい認識を示す狙いがあるとみられる。

 文氏は29日のG20の会合で演説した際、「安倍首相は最近、条件のない日朝首脳会談を提案した」と持ち上げたほか、帰国前には「日本との善隣友好関係のためにも引き続き努力する」とツイッターに書き込んだ。

【読売新聞オンライン】https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00050127-yom-pol


アノ国が望み、それに反応した日本国民もそれを望む
ようになった。こういう事はこれからも続くでしょう、
お互いに。やがて相手国での会合には不参加となり、
細い関係の糸が更に細くなる事でしょう。これは互いの
国が望んでいる事で、悲観するような事ではないですね。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク