【時視各角】文在寅-トランプの会談が心配される

--- 前半全部と後半の半分ほど省略 ---

「他国との首脳会談はこうだった、あーだった、トランプの性格はなんたら・・・
省略中はこんな感じの事が書いてありました。」



 トランプと安倍晋三首相の会談の成功においては、ゴルフが一番の貢献者だった。トランプは就任後も5、4日に一回はゴルフをするほど、歴代のどの前任者よりもゴルフ狂だ。このような彼に安倍は420万ウォンのゴルフクラブをプレゼントして27ホールを一緒に回った。関係にほころびが出るわけがなかった。

 トランプはビジネスを通した経験で人を評価し、人間関係に大きく気を遣うという。相手が誰でも格に合わせて対応したバラク・オバマとは正反対だ。不幸にも文大統領はゴルフをしない。祈りでトランプの歓心を買うこともできない。自称キリスト教徒のトランプがそれほど敬虔ではないためだ。

 それでもあきらめてはいけない。当局は何がどうであれ、両首脳間の感性的共通点を探し出してそこを攻略する糸口を見つけ出さなくてはならない。好むと好まざるにかかわらず、日本と比較してしまうのがが私たちの悪い癖だ。ともすると「安倍はうまくやったのに文大統領は何だ」という声が上がりうることを忘れてはならない。

ナム・ジョンホ/論説委員

【中央日報日本語版】http://japanese.joins.com/article/375/229375.html


分かっているなら比較するのをやめろ。
真剣に気分が悪く、不快になる。
そもそもが日本と比べるような国ではないだろう。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ


スポンサーリンク