強制徴用:第三国仲裁委受け入れ、韓国与党関係者が初めて主張



 韓国与党の側から、強制徴用賠償問題に関する日本の「第三国仲裁委立ち上げ」要求を受け入れるべきだという声が初めて上がった。

 国会事務総長を務めて4選の元議員でもある「共に民主党」金星坤(キム・ソンゴン)江南甲地域委員長は14日、同党の議員らにメールを送り「最後の解決案である第三国仲裁案を受け入れて、ひとまず火急の問題を処理し、じっくりと韓国側の論理を国際社会に説明して認められるよう努力しよう」と提案した。15日に与党「共に民主党」側が明らかにした。金・元議員は「韓国が負けそうだから仲裁委案を受け入れないというのは偏狭そうに見え、仲裁委に進んだからといって必ず韓国が不利だというのも杞憂(きゆう)」「審議の過程で国際社会に日本の植民地支配の違法性を伝え、なぜ韓国大法院(最高裁に相当)があのような判決を下さざるを得なかったかを説明するチャンスにもなるだろう」と主張した。日本政府は、韓国大法院の徴用賠償判決以降「仲裁委立ち上げ」を要求してきており、韓国政府が応じないことから、今月1日に輸出制限措置を発表した。

 金・元議員は15日、本紙の電話取材に応じて「一歩間違えると、ホワイト国からも排除される津波が押し寄せかねない。津波を防ぐため、あらゆる案を全て検討すべきで、その中に仲裁委も含まれるべき」と語った。その上で金・元議員は「韓国大統領府(青瓦台)ではこの案に消極的だというが、何が国益に合致するか、目的に応じて選択するのが正しい」と主張した。ただし、金・元議員は「仲裁委に向かうとしたら、日本が韓国を相手にしたホワイト国排除や輸出規制などを撤回するという前提を確実にすべき」とも指摘した。

 金・元議員はまた「英国や米国は、外交問題で裁判所の立場が政府と違う場合に『司法制限』という、政府の立場を尊重してくれる制度がある。現在、韓国政府は裁判所と日本の間で挟まれているが、立法府が制度を補完して困難を解決してやるべき」とも語った。

【朝鮮日報日本語版】
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/16/2019071680030.html


自国の立場や条約をまったく理解していない。
日本は淡々とやるべき事を進めたらいい。次の制裁へと。
相手にするだけ無駄。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク