韓国学生、藤枝訪問を中止 日韓関係の悪化受け決定



 元徴用工問題や日本の輸出規制強化など日韓関係の悪化を受け、藤枝市と姉妹都市関係にある韓国・楊州(ヤンジュ)市が、予定していた藤枝市への高校生の派遣を取りやめたことが22日、同市への取材で分かった。

 市によると、22日から29日まで、楊州市の高校生7人が藤枝市の高校などを訪問して交流することになっていた。楊州市の担当者から17日、取りやめの連絡が入った。日本製品の不買運動や日本旅行をキャンセルする動きが拡大し、国民感情などから派遣を見合わせたいと説明があったという。

 藤枝市も8月5日から約1週間、高校生7人を現地に派遣する予定だったが、見合わせることにした。

 楊州市はソウル市の北側に位置し、2012年に姉妹都市提携を結んだ。交流事業は藤枝市国際友好協会のメイン行事で、高校生の派遣と受け入れを継続的に実施していた。市の担当者は「外交と市民交流は切り離して事業に取り組んでいただけに残念」と話した。

【静岡新聞】https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190722-00000065-at_s-l22


来ない、行かない。
最近増えてきましたね。よい傾向だと素直に感じます。
どうせこの先、いつになっても彼らは変わりません。
だったら無駄な関りはやめて、少しづつ疎遠になっていく
方がお互いのためでしょう。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク