WTOの日韓対決 韓国メディア「韓国が有利」「韓国の主張が認定される可能性」



日本政府が韓国に対して半導体材料であるフッ化水素輸出規制(ホワイトリストから除外)に対し、世界貿易機関(WTO)一般理事会の議論が24日行われた。
日本側は山上信吾外務省経済局長を代表として伊原純一駐ジュネーブ大使などが出席。

韓国政府代表は、キム・スンホ産業通商資源省新通商秩序戦略室長とジュネーブ代表部大使イ・ミヨン次席大使などが参加した。しかし韓国の訴えは他国の支持を得られないまま終わった。

しかし韓国メディアでは「韓国が有利」、「韓国の主張認定される可能性」などと書かれており、その記事の内容は「韓国が有利だという見通しが日本でも出てきた」と記事内にも書かれている。

過去には「韓国は日本を追い詰めた」や「事実上引き分け」という見出しの記事も報じられており、韓国民向けの報道となっている。

ただ今回の報道に対して他国は「そもそもWTOで扱うテーマではない」、「WTOは国際貿易に関する場で多国間だ、二国間の問題なので日韓で話し合って欲しい」という意見も挙がっており、韓国の提訴に対して疑問の声も出ている。

【ゴゴ通信】https://gogotsu.com/archives/52805


他国の人の意見がごもっとも。
日本の国内政策をこんなところに持ち込む事自体が
異常というものでしょう。付き合わされる身としては
愚痴もこぼしたくなるでしょうね。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク