日本アイドル過去最悪事態・韓国から追放危機 元AKB高橋朱里はイベントで強烈洗礼



 過去最悪といわれる日韓関係の中、韓国で“日本人アイドル追放”への議論が渦巻いている。5月にAKBを卒業した高橋朱里(21)が韓国の6人組ガールズグループ「Rocket Punch」として“韓国デビュー”。一方、同じくAKBを5月に卒業した竹内美宥(23)は日韓関係を考慮し、デビュー曲の発売が延期に。「TWICE」や「IZ*ONE」に所属する日本人メンバーにもバッシングが起きている。

--- 省略 ---

「昨今、韓国グループによる日本市場への熱烈な売り込みが続き、若者を中心に『第3次韓流ブーム』といわれる。だが、一方で日本人が韓国の音楽界で稼ぐことは拒絶する傾向がある。日本で稼ぎたいが、韓国では稼がれたくないという二面性がある」(前同)

 昨年9月、韓国の男性7人組グループ「防弾少年団(BTS)」の新シングル収録曲「Bird」の作詞を秋元康氏が担当したことが発表されると、歴史問題に結びつけるとともに“韓流ビジネスに狙いをつけた”と猛反発されたのも記憶に新しい。

 一部ファンが「シングルの発売を中止しなければ、不買運動を行う」と声明文を出す事態に発展し、発表からわずか3日で収録中止が決定する事態が起きていた。

 夢を持って海を渡った日本人アイドルたちに罪はないのだが…。

【東スポWeb】https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00000003-tospoweb-ent


お互いに見たくも聞きたくもないのだから、双方自国で活動するべき。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク