米国特許登録「トップ10」にサムスン・LG…日本は1社



 米国の特許登録「トップ10企業」にサムスン電子とLGエレクトロニクスが同時に入った。

 業界によると、米国知識財産権者協会(IPO)が最近発表した「2018年米国特許登録上位300大企業・機関」リストで、サムスン電子は前年比0.4%増の5836件の特許を登録し、2007年から12年連続でIBMに次ぐ2位を守った。

 IBMは昨年の特許登録件数が9088件で圧倒的トップ。このほかキヤノン(3206件)、ゼネラルエレクトリック(2769件)、インテル(2728件)、アルファベット(2597件)、LGエレクトロニクス(2473件)、TSMC(2448件)、マイクロソフト(2385件)、クアルコム(2300件)が10位に含まれた。アップルは11位(2147件)だった。

 2016年に10位圏に入ったLGエレクトロニクスは昨年より登録件数が9.0%減少したが、順位は1つ上がった。

 このほか、韓国企業ではサムスンディスプレイがソニーより1つ高い17位で、現代車(22位)とSKハイニックス(45位)、LGディスプレイ(53位)、LG化学(61位)、LGイノテック(87位)などが100位内に入った。

 「トップ10」企業を国別に見ると、米国が6社で最も多く、韓国が2社、日本と台湾それぞれ1社だった。

 10年前の2008年にはIBMとサムスン電子に続き「トップ10」に日立(3位)、キヤノン(4位)、パナソニック(7位)、東芝(8位)、富士通(9位)、ソニー(10位)など日本企業が過半を占めていた。5年前の2013年まで日本企業は10位内に5社も含まれていたが、現在は1社だけが残っている。

 日本企業はトヨタ(13位)、ソニー(18位)、セイコーエプソン(24位)、パナソニック(27位)、三菱(29位)、東芝(30位)など11-30位に数多く布陣している。

 一方、昨年、米国特許商標庁(USPTO)に登録された特許は計30万7759件で、前年比3.5%減少したことが分かった。

 上位10社のうちIBM、サムスン電子、TSMCの3社だけが前年比で小幅増加し、インテルは36.6%も減少して順位が3位から5位に落ちた。

 一方、中国のファーウェイ(華為技術)は前年比12.4%増の1680件で前年比3つ上昇した19位、BOEは15.3%増の1625件で7つ上昇した20位となった。

【中央日報日本語版】https://japanese.joins.com/article/482/256482.html


それほど自慢する件数を持ちながら、その特許等による収入では日本がはるか彼方の上位。だれも使わない訴訟対策用「ゴロ特許」なのでは?

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク