日韓関係は今後回復に向かうはず「なぜなら韓国が譲歩するため」=中国メディア



 これまでにないほど悪化している日韓関係だが、中国メディアの今日頭条は15日、日韓関係は今後回復に向かうと主張する記事を掲載した。3つの理由で、韓国が譲歩することになるのではないかとしている。

 記事は、すでに文政権の対日姿勢に軟化が見られていると指摘。たとえば、12日に韓国は日本をいわゆるホワイト国から外すと発表したが、その対象品目から「日本に最も脅威を与える半導体製品を取り除いた」ことや、14日の「慰安婦の日」の式典に文大統領自身が出席しなかったこと、両国の外務次官が今週にも第三国で対立解消策を協議することが決まったことを挙げた。

 では、なぜ韓国は態度を軟化してきたのだろうか。記事はその理由の1つとして「韓国経済の悪化」を挙げた。米国の貿易政策のために国際市場が厳しくなっているなかで、輸出頼みの韓国は経済が明らかに落ち込んでおり、このうえ日本との貿易摩擦が続くと韓国は「持ちこたえられない」のだと論じた。

 2つ目の理由は「対日カードがほとんどないこと」。日本はホワイト国から韓国を除外し、「輸出管理を強化」しただけだが、韓国は徴用工問題での裁判所の判決から日本製品ボイコットまでまさに「総動員」で日本に対抗している。にもかかわらず、ほとんどダメージを与えられなかった日本に対して、さらなる有効なカードはないと指摘した。

 3つ目は、「外交面でもっと重要な問題に対応する必要があること」。米国は在韓米軍負担をこれまでの5倍となる50億ドルに引き上げてきたが、これは韓国にとって大きな負担となるだけでなくメンツにも関わる問題であり、対米交渉を優先させたい思惑があるのだろうと推測した。

 最後に記事は、日韓とも米国の重要な同盟国であり、日韓の実力差はまだ大きいため、武力衝突になることはまずあり得ないと分析。しかし、今回は日本が実力で韓国をねじ伏せたとも言え、「日韓の問題を根本的に解決することにはならない」と論じた。韓国は今回はとりあえず退くことが賢明だが、韓国人の性格を考えると「後に屈辱を晴らす」可能性はあると指摘している。

 ひとまず譲歩して、後で報復に出るというのは可能性の1つとしてはあり得るが、とりあえず今回は日本が実力を内外に示したともいえるだろう。今後は韓国が譲歩し関係改善に向かうという可能性もありそうだ。(編集担当:村山健二)

【サーチナ】http://news.searchina.net/id/1681712?page=1


「性格を考えると」、その通りですね。そんな気が起きないぐらいの教訓にさせないと。そして「力」を持つと必ず日本の害となります。それはこれまでの彼らの行いから明白で、日本としては余力を取り上げないといけませんね。日本人も我が身が一番大事、自己防衛しないと。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク