「福島水産物は遮断したが、バラスト水は韓国領海に放流」…実態調査を主張



 福島県近隣の海水が韓国海域に大量に搬入された事実が確認されたと国会農林畜産食品海洋水産委員会所属の金鍾大(キム・ジョンデ)正義党議員が21日、明らかにした。福島近隣を往来する船舶がバラスト水の調整のために約128万トンの海水を韓国の港湾に放流したという。

 金議員が海洋水産部から提出させた資料によると、福島県近隣の青森・岩手・宮城・茨木・千葉を往来する船舶は2017年9月から2019年7月まで約2年間に128万3472トンの海水を韓国の領海に放流した。

 この期間、韓日を往復した船舶は計121隻で、これら船舶は日本海域で132万7000トンの海水を注入した後、韓国領海にやってきた。

 金議員は「福島で注入した6703トン、青森9494トン、宮城2733トン、茨木25万7371トン、千葉99万9518トンなど合計128万3472トンを韓国領海に排出した」と説明した。金議員はバラスト水として注入した海水の放射能汚染の有無、注入および排出時期・地点に対する実態調査と海の生態系に及ぼす影響などの疫学調査が必要だと強調した。金議員は「福島など8県の水産物輸入を遮断しているが、船舶を通じて原発事故近隣地域の海水が韓国領海に流入している」とし「しかし海洋水産部は2013年バラスト水の放射能汚染調査以降、一度も危険性の検証をしなかった」と指摘した。

 また「日本の港でバラスト水を積んでくる時、韓国に入る前にあらかじめ公海上にこれを捨てるよう義務化するなどの対策を用意しなければならない」と付け加えた。

【中央日報日本語版】https://japanese.joins.com/article/806/256806.html


こんなものに気が付くとは、これを利用して自分達の汚水を日本近海に捨てているのでは? そう疑いたくなりますね。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク