旭日旗Tシャツを着た米モデル、韓国人からの指摘を一蹴「退屈で虚しい論争」



2019年8月23日、韓国・中央日報によると、米国出身のモデルで歌手のシャーロット・ケンプ・ミュールが旭日旗デザインのTシャツを着て撮影した写真をSNSに掲載し、韓国のネットユーザーらから批判を浴びた。

ミュールは19日(現地時間)、自身のインスタグラムに1枚の写真を掲載した。写真には旭日旗の描かれたTシャツを着たミュールが乗馬を楽しむ様子が写っていた。

その後、これを見た韓国のあるネットユーザーから
「あなたが着ている服の模様はナチスと同じ意味」
との指摘が寄せられた。

しかし、これに対しミュールは「これは日本の旭日昇天旗よ」と反論。

それに同ユーザーが
「それは知っているが、旭日昇天旗は日本が韓国を支配する時に使用していた象徴物。韓国人にとっては日本植民地時代を思い出させるもので、再び使用されることは韓国人にとって大きな傷となる」
と返すと、ミュールは自身を「歴史に通じている」とし、「旭日昇天旗は明治時代に日本軍が初めて使用したもので、日本植民地時代より前から存在しているためナチスの精神的理念とは本質的に異なる」と主張。さらにこの主張について「私は複数の協会から発行された関連研究を知っているため偏ったものではない」と説明した。その上で「米国、英国、フランスも国旗が存在している間に植民地支配をしたのだから、それらの国旗も禁止しなければならないの?非常に退屈で虚しい論争ね」と指摘した。

その後、韓国の他のネットユーザーからも批判が相次いだが、ミュールは「とんでもない非難」「旭日旗はかっこいい旗。憎悪を表現するために使ってはならない」などと同じ立場を強調。さらにジョン・レノンの息子でミュールの恋人として知られるショーン・レノンも「全ての人間は、それぞれが象徴的なものを使用することに自由でなければならない」とミュールを擁護する内容のコメントを残し、波紋はますます広がっているという。


この記事を見た韓国のネットユーザーからも
「歴史をちゃんと学び直した方がいい」
「無知な人ほど勇敢だ」
「恋人の母親が日本人だから?」
「なぜ日本が国旗として旭日旗を使い続けていないかについても考えてみて」
「旭日旗は戦略戦争のたびに日本の国軍主義の象徴として使われていた。明治時代からあったからといって一般の国旗と同じく平凡な旗だと正当化してはならない」
など反論の声が続々と上がっている。

一方で
「賢いね。扇動に流されない」
「着るのは個人の自由でしょ?韓国に来る時に着るのは問題だけど」
「韓国人の反日感情を外国人に押し付けるのは迷惑」
など理解を示す声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

【Record China】https://www.recordchina.co.jp/b739147-s0-c30-d0058.html


なぜ自分と他人の違いが理解出来ないのか? 旭日旗も日本海呼称も自分達は使わない、呼ばないで良いでしょう。誰も韓国に旭日旗を掲げろとか、日本海と呼べとは強要していない。他人が気に入っている物や、世界の決まりごとを「間違い」と言う事こそが間違い。モデルの人、がんばって。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク