日本のステルス機開発、韓国メディアも詳細報道「国産化の野望」=韓国ネット反発



2019年8月21日、韓国・京郷新聞は「日本政府が自国主導で初の国産ステルス戦闘機を開発する方針を固めた」とし、「戦闘機国産化の野望を着々と進めている」と伝えた。

記事は同日付の読売新聞を引用し、日本が航空自衛隊の主力機F-2戦闘機の後続機開発に向け、1兆5000億円以上とみられる費用を2020年度予算案に計上する方向で最終調整に入ったと説明。中国に対する抑止力として初の国産ステルス戦闘機を開発し、高い空中戦能力を実現することを目標に、2030年代中盤から約90機導入する方針だと伝えている。ただ、米軍との情報共有システムの問題などから純国産は困難とみて、外国の技術も導入する考えだとも説明している。

また記事は「日本政府が自国主導の後続機開発を目指すのは、国内防衛産業基盤を維持・強化する目的」だとする解説内容も詳しく紹介している。「日本の戦闘機開発は、日本海軍の零式艦上戦闘機(零戦)が太平洋戦争当時は世界最高レベルと評されるほどだったが、米国が日本の飛行機製造・設計・生産を禁じたため戦後に途絶えた」「1950年の朝鮮戦争開戦で米軍戦闘機の修理を請け負い、起死回生した」などと解説。2016年には国産ステルス機生産に向け技術実証機「X-2」を公開しており、開発を主導したのは零戦を製作した三菱重工業だということも伝えている。


この記事に、韓国のネットユーザーからは
「安倍首相は戦争をする国を作り、アジアの覇権を手にする野望を抱いているようだ」
「日本は韓国のおかげで今まで安保に無賃乗車してきた。韓国がソ連、中共、北朝鮮と争っている時、自分たちは何もせず、国防予算も使わず、お金ばかり稼いだ。それが今、安保を云々し輸出規制だと?」
「韓国はステルス戦闘機の自国開発はもちろん、ステルス機を探知するレーダー、超音速地対空、艦対空ミサイルを開発すべきだ」
「韓国もステルス機能を自国技術で開発したと聞いてるが、実用化して国防力を強化すべきなのに、政府は何をしてるんだ」
「韓国は第4世代戦闘機に始まり、第5世代ステルス戦闘機へ。韓国と日本のどっちが賢明か、そのうち分かる。韓国の方が少ない予算で完成度の高い戦闘機を作ることができる」
などのコメントが寄せられている。

その他
「日本製品不買で浮いたカネで、韓国も早くステルス機を造ろう」
「日本がステルス機を造るのは野望で、北朝鮮が核ミサイルを造るのは自主国防か」
「基礎科学が駄目な韓国には無理だろうな」
などの声も上がっている。(翻訳・編集/麻江)

【Record China】https://www.recordchina.co.jp/b738703-s0-c10-d0144.html


他人の力を自分のものと思い込む。何と例えればいいのか・・・ こんな思考をする国なんて、世界広しとは言え、おそらくアノ国だけでしょうね。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク