日本人女性を暴行した韓国人男性 取り調べ後に帰宅していた



日本人女性をナンパし無視されたことに腹を立てて、女性に差別的発言を吐きまた女性の髪の毛を掴むなど暴行を行ったとして、韓国人男性が8月24日に身柄確保された。

暴行を行った加害者男性は「暴行は行っていない捏造されたもの」としているが、警察が被害者の証拠写真、映像と共に犯行現場の監視カメラを調べたところ捏造では無いことがわかった。

しかし加害者男性は取り調べが終わったあとに帰宅させられていたことが韓国メディアの報道によりわかった。

韓国メディアによると「24日午後、ソウル麻浦警察署で調査を終えた男性が警察署から出て帰宅している」と書かれており、今回の取り調べは任意同行だったと伝えられている。

調査が終わったのは15時40分頃で、黒いマスクと帽子を被った加害者男性は警察署から出てきて、取材陣に対して「暴行は認めるのか?」という質問に対して「暴行したことはない」と答えた。また撮影された映像に対しても「捏造されたもので暴行はしていない」とこのときも捏造を主張し容疑を否認した。

しかしこの後、警察側は証拠と監視カメラ映像の証拠から捏造ではないと確認。また髪を掴む場面の写真だけでなく新たに動画も公開された。

【ゴゴ通信】https://gogotsu.com/archives/53484




やっぱり日本人が被害者だとこうなるのでしょうね。そう言えば、日本の幼児を凶器で殴り、逮捕後「どうせ日本人でしょう」と悪態をついた男はどんな処分を受けたのかも不明。極めつけは日本大使を襲ってもすぐに釈放された件。日本人にとっては世界有数の危険地帯ですね。

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ

スポンサーリンク