韓国、日中の高速鉄道受注合戦に加わりたいらしい…最高速度352キロが世界を走るのはいつ?


 韓国鉄道公社(KORAIL)が近く韓国初となる動力分散式高速車両(EMU)の実物模型を公開して品評会を開く。韓国型高速列車は、動力推進装置が列車の前と後ろの車両に集中して配置される「動力集中式」だったが、国際標準のEMUは車両ごとにエンジンが搭載されているため、最高速度320キロ毎時、設計最高速度は352キロ毎時を出せると想定。2020年以降、順次運行する予定という。KORAILは、日本と中国が繰り広げる世界高速鉄道受注戦に韓国も挑戦状を出せる足がかりをつかんだと鼻息が荒いが、甚だ疑問だ。国内で走ってもいない無実績の列車を海外で走らせることは、土台無理な話なのではないか。

■ 大韓民国の核心ブランドになるか…

 韓国紙、中央日報(日本語電子版)によると、韓国鉄道公社(KORAIL)が韓国初となる動力分散式高速車両(EMU)の実物模型を近く公開して品評会を開くと明らかにしたという。KORAILは昨年12月、現代-起亜自動車グループ「現代ロテム」の韓国型次世代高速車両16両を2021年3月末までに590億ウォン(約58億円)で購入する契約を締結している。

 韓国でこれまで開発していた高速列車は、動力推進装置が列車の前と後ろの車両に集中して配置されていた「動力集中式」だった。だが、今回購入を決めたEMUは車両ごとにエンジンが搭載されているためスピードが出る。最高速度が320キロ毎時、設計最高速度は352キロ毎時となり、韓国最速の高速列車になる見通しとしている。

 KORAILは、今回の契約によって、日本と中国が米国や東南アジアなどで激しく繰り広げている高速鉄道受注戦に韓国鉄道業界も堂々と挑戦状を出せる足がかりをつかんだとする。鼻息が荒いのも、これまで韓国が動力車について国際標準として通用する高速鉄道方式を導入していなかったため、ただを指をくわえて見物するしかなかったからだ。

 同紙に対し、KORAILの洪淳晩(ホン・スンマン)社長は「今回の高速車両は全国の主要幹線をカバーする大韓民国の核心ブランドになるだろう」とする一方で、「技術と運営ノウハウを集約させて海外の動力分散式高速車両市場に積極的に進出していきたい」と野心満々だ。

--- 以降省略 ---

【産経ニュース】http://www.sankei.com/west/news/170531/wst1705310064-n1.html


「模型しかないのに? 実車で試験も無しに? 売るの? 契約するの?」


この「高速鉄道」自体も、日本が持っているから欲しい。
起源にあげる物も動機は同じでしょう。
でも絶対に一から自分で作ろうとはしません。
中国の高速鉄道も同じ。日本と同列に語らないで。
あっ、それと、無知で知らないのですがエンジンで走るの?

  にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
クリックして下さると嬉しいです。 by ポか~~んコアラ


スポンサーリンク